読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ギラギラ:最終回・結末の感想あらすじ「佐々木蔵之介、三浦翔平、五十嵐準士、真矢みき出演・ホストの世界観においてはなかなか素人には理解しにくい部分にもなるのですが」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 この話においては「ホスト」「家庭」の両方の局面であるのですがかなり考えてしまう内容の連続にもなってくるのです。それにキャラクターにおいてもなかなかここまでもリアルに描かれているのも見入ってしまう展開にもなってくるものです。それにか…

医龍:最終回・結末の感想あらすじ「坂口憲二、稲盛いずみ、小池徹平、阿部サダヲ出演・結束力が高まってくる中一人離れてしまう朝田」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 この作品においてはメインとなってくるのが「バチスタ手術」です。しかしそれまでの紆余曲折となってくる展開にもかなり見物でもあるのです。それにメンバー間においてもかなりカラーが強く出てくるのですが唯一意外にもなってくるのが「霧島」と付…

ウロボロス~この愛こそ、正義。最終回・結末の感想あらすじ「生田斗真、小栗旬、上野樹里出演・かなり切ない終わり方をする」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 両極端の二人が恩師の敵討ちを目指す為にそれぞれが動き出そうとするのです。見てても結構唖然としやすい中でも想いについては計り知れない部分が強く出てくるのも分かるのです。

ごくせん~2008~最終回・結末の感想あらすじ「風間(三浦春馬)、緒方大和、熊井(脇知弘)出演、赤胴高校での学校生活を描く」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 赤胴高校での学校生活を描く事にもなってくるものです。その中でも「3-D」の不良グループ達とヤンクミがどの様に描かれているのかがかなり見物にもなってくるものです。理事長に関しても理想論が高すぎてしまうのも印象的でもありますし、猿渡先…

ごくせん~2005~最終回・結末の感想あらすじ「矢吹隼人(赤西仁)、小田切竜(亀梨和也)他出演、卒業までこぎつける事にもなったヤンクミでもあるのです」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 今回のステージにおいては「黒銀学園」での勤務する事にもなってくるものです。しかしヤンクミのカラーにおいてはどこの場所においても輝くのが印象的にもなってくるものです。それに生徒との関わり方に関してもかなり注目しながら見て行けるもので…

ごくせん~2004~最終回・結末の感想あらすじ「卒業したいというヤンクミ(仲間由紀恵)の思いが生徒にもかなり浸透しつつある」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 白金学園に勤務する事になったヤンクミでもあるのです。しかし実家でもある(大江戸一家)の事をひた隠しにしながら勤務する姿にはかなり気になるのですしそれに「落ちこぼれ」と言われていた生徒達にどの様な形で教育していくのか注目するのも分か…

ハンドク:最終回・結末の感想あらすじ「狭間一番(長瀬智也)、研修医となった4名が近代医療の病院でもある「杉田玄白記念病院」で」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 研修医となった4名が近代医療の病院でもある「杉田玄白記念病院」で繰り広げているのがかなり見物にもなってくるのですがそれ以上に研修医の心理面にもかなり見物にもなってくるものです。

コード・ブルー ドクターヘリ救急救命(シーズン2)最終回・結末の感想あらすじ・シニアドクター達の展開にはかなり面白く見れる(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 成長したフェロー達でもあるのですがその中でも卒業を間近に控えた時に起こる出来事にもなってくるのです。しかしすんなりと上手く行かないのも見てて感じれるものです。その中でもシニアドクターで登場する橘医師ですが三井医師の考えや思いにも注…

コード・ブルー ドクターヘリ救急救命(シーズン1)最終回・結末の感想あらすじ「救えなかった命を目の前にした時に己の振り返りにも伴ってくる瞬間」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 救命センターで繰り広げられる場面でもあるのですがそこからの人間ドラマにも注目しながら見ていけるものです。新人の4名の成長姿にもかなりワクワクしながら見れるものです。 内容紹介や簡単なあらすじ 翔陽大学北部病院救命救急センターに着任し…

フラジャイル:最終回・結末の感想あらすじ・天才病理医「岸京一郎」、製薬会社の横暴を必死の説得で食い止めるのです(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想 天才病理医「岸京一郎」が繰り広げられる世界観はかなりリアルな展開の連続にもなってくるものです。医療に関りが無い方でも素直に見入ってしまうのも共感出来るのです。医師としての成長だけでなくとも患者やコンプライアンスにも納得出来るもので…