大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

スポンサーリンク

ジャンプ感想

【破滅の刃ブーム】週刊少年ジャンプに連載されていた同時代性【アビス寿郎の地獄列車編ANIME映画でいっちょかみの奴は目を噛んで死ね】

破滅の刃ブーム。 映画版、地獄列車編が公開されたことで、増田記事とかで連日言及されている。「複雑な設定もないし傑作とは言い難い」というゴミクズのような言及記事もあった。設定が複雑であることが傑作の条件なら、令和最大の肩透かしを炸裂させたMERU…

【破滅の刃ブーム】観光地でジジイとババアが「はめつはめつ」言うててアニメ人気がうかがえる【福知山城に行ってきました動画あり】

破滅の刃ブーム。 ブームとは、多くの人が知っていることだと想う。ジャンプの破滅の刃がANIME化から人気になっているのは、原作ファンとしては「ぶーむ」と想う部分もあるが、ブームであるのは現実のようだ。 観光地でジジイとババアが「はめつはめつ」言う…

【激おこ】破滅の刃のアニメ人気にコラボする珈琲CMといっちょかみの芸能人は目を噛んで死に給え【ジャンプ部屋おじさん】。

激おこ。 はぁー、ため息。完全にため息。むかつくわー。ジャンプの国民的人気漫画、マンピースが一世を風靡しだした時もそうだったけど、お前、絶対に仕事で「好きです!」とか言い出したり、急にオタクになる芸能人のヤツらは、目を噛んで死に給え。今、そ…

【WJ捨てないおじさん】ジャンプの新連載はつまらないのか?2020年までの数年間を振り返ってみよう。

ジャンプの新連載はつまらないのか? 2020年の9月8日。最近のWJの印象は「長期連載がどんどんと終わって期待できない新連載同士で打ち切りサバイバルレースしているけど、掲載位置下位作品候補が年々と増えている」という感じです。つまりは、人気作品(長期…

【アクタージュ読み返し・1から16話】黒山映画のあの役と初期の打ち切りサバイバル【感想メモ】

未完で終了したアクタージュの描かれなかった最終回を脳内補完するために、1話から読み返しておる。16話まで。コミックス2巻ぐらいまで。 黒山映画のあの役。 伏線ぽいもの。夜凪景をスカウトした時点で、作りたい映画と配役の話が少し出ている。

【動画アリ】アクタージュが未完で連載終了したから掲載分の週刊少年ジャンプを並べてみた。

ジャンプホライゾン。

【アニメ・漫画業界全体が猛省すべき点】は痴漢を助長しているのか?

アクタージュの連載終了に関して書かれた記事への言及記事です。元記事を書かれたid:arrow1953 氏は、若干のブログ交流があったのですが、氏は私(yarukimedesu)のことは、忘れておられるかもしれません。元記事へのリンクは、記事文末に作成します。 目下…

アクタージュ連載終了に関して思うこと。

演劇関係者としては、演劇が主要テーマになる漫画が、原作者逮捕というので打ち切り終了になることが残念で、物語の完結まで読みたかった気持ちもありますが、逮捕された理由が、女子中学生を狙った痴漢であるなら、もう連載再開は無理だし、やらない方が良…

アクタージュ原作者逮捕に関してジャンプ感想者が一言言っておくか。作品に罪はないって考えが嫌いです。

連関するはてなブックマークコメントを読んでいると、「被害者のことじゃなくて、漫画の先行きを心配するブコメばかりで吐きそう」みたいなコメントもありますが、この記事では、作品に関することだけを書きます。

古橋文乃イフルート(文学の森の眠り姫編)完全完結記念「正規ルート感は唯我成幸との対照的と共通点にある」【ジャンプ部屋おじさん】

古橋文乃ルート完全完結記念エントリ。 最終回が5回あることになったラブコメ。I'sあたりをWJのラブコメ元年と考えると、私の覚えている範囲で、ヒロイン全員分の最終回を描いたのは、「ぼくたちは勉強ができない」がお初です。そこには、賛否両論があるでし…

【ゴミクズ】増田が武元うるかは作者に嫌われていると騒いでいたので一言言っておくか【ぼくたちは勉強ができない】

ぼくたちは勉強ができないが、イフルート展開に入ったことは、WJのラブコメ歴史の中での偉業であると思う。賛否両論はあるだろうと思ったけど、ものっそいピの方読んじゃったので、IDコールこそ飛ばさないけど、読んだ感想を書いてみる。

【はてブでバズってた】松本直也「怪獣8号」連載開始記念!ブログに書いてたことを振り返ろう!

最近、ジャンププラスで連載開始した、松本直也先生の「怪獣8号」なる新連載がバズってましたけど、昔からジャンプを読んでいる中年読者なら、知った名前だと思いますけど、最近のジャンパー(ジャンプ読むヤツ)は、あんまり知らない作家さんかもしれませ…

【古橋文乃のイフルート】を何度も読み返してしまう108つの理由【ぼくたちは勉強ができない】

この記事には、ぼくたちは勉強ができない、イフルートに関してネタバレを含みます。

トーキョー忍スクワッド(松浦健人:漫画×田中勇輝:原作)「近未来SF忍者打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年27号から2020年02号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

近未来×忍者のすごい新連載だった…かもしれない。まあ、打ち切りに終わったんですけどね(´;ω;`)。

ビーストチルドレン(寺坂研人)「ラグビー打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年26号2020年01号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

ラグビーブームに乗っかったヤツなのかな。ちなみに、寺坂研人先生はジャンプギガでもラグビー漫画を短期集中連載されてました。主人公が、リンゴ農家の息子のやつ。

ふたりの太星(福田健太郎)「二重人格&変人将棋打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年25号から2019年52号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

デビリーマンの人。ほんまこれ。短期集中連載のシニギワとかもありましたね。

サムライ8 八丸伝(大久保彰:作画×岸本斉史:原作)「パンドラマンドラ侍の義打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年24号から2020年17号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

NARUTOの後釜を狙ってたろうな。大ヒット漫画家も打ち切りになるのが、ジャンプだ。

神緒ゆいは髪を結い(椎橋寛)2019年15号から2019年52号「蟲スケバン打ち切り漫画」最終回の感想思い出【の連載】ジャンプ漫画振り返り。

イリーガルレアよりは続いたけど…。

最後の西遊記(野々上大二郎)「杜子春打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年14号から2019年38号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

俺は好きだったぜ。1話が鬼のように暗かった。

獄丁ヒグマ(帆上夏希)「獄卒、閻魔大王打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年03号から2019年24号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

ジャンプGIGAでも、集中連載してたやつ。地獄、獄卒、閻魔大王というのは、読切や新連載のテーマで選ばれがち。

ne0;lation-ネオレイション(依田瑞稀:漫画×平尾友秀:原作)「ハッカー・ダークヒーロー打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2019年02号2019年22/23号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

新連載の時に、ネットが騒いだ。ITを駆使するタイプの主人公。ほんまこれ。

チェンソーマン(藤本タツキ)「公安VS悪魔の神漫画」最終回予想←ネタバレ注意【2019年01号から連載中】ジャンプ漫画振り返り。

すごい漫画が始まった。前作のファイアパンチから、すでに注目を集めておられた藤本タツキ先生。ジャンプ+で連載されていたのに、読んでなかった私(´;ω;`)。

少年ジャンプGIGA2020SPRINGの一言感想。

デビィ・ザ・コルシファは負けず嫌い(平方昌宏)。 美少女悪魔とのババ抜き対決。ババ抜き一本で引っ張ったのがすごい。別作品でも良いし、ジャンププラスで連載とかすべきだと思う。アグラビティボーイズと同じ系統の匂いを感じた。

THE COMIQ-ザ コミック(高橋和希)「背景アシが刑務作業の推理漫画」最終回の感想思い出【2018年46号から2018年52号に短期集中連載】ジャンプ漫画振り返り。

主人公が少女漫画家。少女ジャンプ。いわゆるレジェンド作家の短期集中連載。

ジモトがジャパン(林聖二)「都道府拳のギャグ漫画がアニメ化」感想・思い出【2018年42号から2019年26号掲載後『最強』に移籍】ジャンプ漫画振り返り。

主人公は日本です。ちなみに、作者が短期集中連載していたヤツの主人公は地球でした。地球少女。

思春期ルネサンス!ダビデ君(黒木雄心)「名画パロディの打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2018年42号から2019年26号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

ギャグ漫画です。けっこう面白かったけど、すぐに終わった。

アリスと太陽(凸ノ高秀)「音楽ボーイ・ミーツ・ガール打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2018年31号から2018年51号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

俺は好きだったぜ。本当に好きだったぜ。

鬼滅の刃クライマックス!続編の希望、終わらないでという声も!【感想を聞いてみた】

感想を聞いてみた。 2020年WJ23号にて、【鬼滅の刃】がクライマックスを迎えるようです。クライマックス=最終回ではありませんが、時に最終回という意味でも使われます。

キミを侵略せよ!(稲岡和佐)「宇宙人ラブコメ打ち切りマンガ」最終回の感想思い出【2018年25号から2018年41号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

けっこう好きだったけど(´;ω;`)。ヒロインじゃあなくて、男主人公が宇宙人だったパティーン。

紅葉の棋節(里庄真芳×三枚堂達也:監修)「師弟将棋打ち切り漫画」最終回の感想思い出【2018年24号から2018年40号の連載】ジャンプ漫画振り返り。

ジャンプGIGAでも集中連載していたはず。 師弟将棋打ち切り漫画。 将棋漫画は、WJ新連載でよくありますが、ヒット作の出ていないジャンルで、読者期待度も(たぶん)低い鬼門鬼ゲートな分野です。