大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ようこそ、わが家へ3話感想&あらすじ(ネタバレ注意)名無しさん、遂に家の中まで侵入!?名無しさんの正体は防犯カメラの位置を知っている人物!

※この記事は友人の、かづちやえから寄稿されたドラマ感想です。

続く嫌がらせ対策に防犯カメラを設置する倉田家長男・健太(相葉雅紀(嵐))、カメラを設置する時には一緒に事件捜査に協力してくれていいる記者・明日香(沢尻エリカ)が周囲を見張っていました。二人以外にカメラを設置したことを知っているのは家族のみ。そんな中、防犯カメラに映っていた名無しさんは・・・

登場人物

健太と名無しさんの捜査をしながら取材をしている記者・明日香が所属する円タウン出版社の編集長・蟹江秀太朗(佐藤二朗)、興味のある話しか聞かないマイペースな編集長。編集長が通う熟女パブには「シルビア」という名前で働くナカノ電子部品社員・西沢摂子(山口紗弥加)がいた。

健太の妹・七菜(有村架純)の友人でモデル志望の万里江(足立梨花)は七菜の元カレ・辻本(藤井流星(ジャニーズWEST))は過去にストーカー歴があると忠告し、七菜から徹底して遠ざけます。

健太の母・珪子(南果歩)が通う陶芸教室の主婦仲間・民子(堀内敬子)は何故か教室の講師・波戸(眞島秀和)が珪子を贔屓しているのを応援しています。倉田家で主婦の集まりがあった際、波戸からのプレゼントを預かってくる民子。毎年優秀賞を取っている陶芸の展示会にも、波戸が珪子へ出展を促すも「一緒に出しましょう」と賛同。

父・太一(寺尾聰)の味方である筈の西沢摂子、七菜の味方である筈の万里江、今の所味方のようである民子が今後変化し、名無し候補にあがることを期待します。

あらすじ。

倉田家に設置された防犯カメラに映っていたのは、遠くから段ボールで自分を隠しながら家に近づいてくる「名無しさん」の姿でした。ここで名無しさんの正体は防犯カメラを設置した人物に絞られると思った健太ですが、そう簡単にはいかず、更に事態はエスカレートします。

相変わらず嫌がらせは続いており、今夜も倉田家には4万円相当のピザの宅配が来ていました。宅配のお兄さんに泣きつかれ、人のいい母はピザを買い取ってしまい、何故かパーティー気分でテンションがあがる母と妹。数日倉田家では夕飯にピザが姿を変えて登場します。

健太は家族に防犯カメラの映像を見せ、家族以外に防犯カメラの話をしたか確認するも、全員家族以外には話していないとのこと。突然電話が鳴り、取らずに留守電に切り替わるのを待ちます。受話器の向こうで気味の悪い笑い声が・・・

ナカノ電子部品では、またもや西沢摂子が倉田太一に横領の疑いがある領収書を持ってきます。摂子は、社長も真瀬も参加する会議の場で逃げ場がない状況を作り真瀬に問い詰める作戦を提案する。倉田も摂子の熱意に押され、段取り通り会議で問い詰めるも、m、真瀬は「言い出したのは西沢(摂子)だろう」と西沢に内線し、「もう一度よく確認し、会議室に報告に来るように」と伝える。しばらくして会議室に来た摂子、再度先方に確認したところ間違いであることがわかりましたと謝罪。太一は摂子がそんなミスをする筈がないと会議後摂子に真瀬部長に何か言われたんじゃないかと確認するも摂子は何も言わず、太一に迷惑をかけたと謝罪をするのでした。

家に陶芸作品のブローチが置いてあるのを見つける健太、「これどうしたの?」と聞くと母・珪子が「陶芸教室の先生に頂いたの、結構名のある先生なのよ。」というので名前を尋ねる健太。以前、母が波戸という男性とメールしているのを見てしまった健太、母から波戸という名前が出て明らかに動揺するのでした。

そして珪子が家に置いていたお金、10万が5万になっていると言います。家の中まで名無しさんがはいって来ているのではという不安感に襲われる家族。防犯カメラを見ると、毎回同じ車が早朝近所にとまっていました。車を良く見るとロクロが乗っていました。

健太は明日香と陶芸教室の講師・波戸を訪れ、防犯カメラの映像を見て「嫌がらせをしたのはあなたですか?」と聞きます。すると波戸は「珪子さんに好意は寄せていますが嫌がらせはしていない。」と息子にたいして告白と否定をしました。

健太が帰宅すると、七菜が内鍵をかけて不安気な様子。珪子は友人と食事に出かけており七菜一人だと言う。さらには七菜がヒールが片方見つからないとのこと。そして二階で物音が・・・健太と七菜は一個一個部屋を見て回ります。すると、七菜の部屋の机の上に探していたヒールが。近くをうろついてた子猫の首輪を見てみると紙が結ばれており、紙には「おじゃましました」と印刷文字が・・・

期待する展開。

名無しの行動があまりに唐突すぎ、現在は犯行の手口が全く見えないので全員が犯人の可能性がある状態。少しずつ手口によって犯人の可能性を分析できるところまでもっていくと、今後の展開がさらにどきどきできるんではないかと思う。

家まで入って来る犯人、実際あったら家に帰れないくらい怖いと思います。

関連記事。

個人事務所でデザイナーをしている倉田健太(相葉雅紀(嵐))は一見思いやりがあり人当りが良い好青年。仕事でも今一つ自分を出しきれず、クライアントの要望に添ったデザインを仕上げてしまいます。

ようこそ、わが家へ1話感想&あらすじ(ネタバレ注意)思いやりがあり人あたりの良い平和主義者の臆病者が、うっかり勇気を出したら・・・誰にでも起こりうる身近な事件! - 団劇スデメキルヤ伝外超

傷つけられポストに入れられていた子猫は倉田家で飼うことになりました。通報後駆けつけてくれた木下巡査(夙川アトム)は倉田家の人々にたび重なり嫌がらせを受ける心当たりはないか尋ねます。

ようこそ、わが家へ2話感想&あらすじ[ネタバレ注意]倉田家主の太一(寺尾聰)が部下の事務員・摂子(山口紗弥加)と不倫?!太一の妻・珪子(南果歩)と陶芸教室の講師・波戸(眞島秀和)も不倫?! - 団劇スデメキルヤ伝外超

感想の感想(ナカノ実験室)。

名無しは、ピザ屋じゃあないだろうか…。もしくは、何人かいる可能性もありそう。家族の中に犯人ってのは、ないのかもしれんね。