大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ようこそ、わが家へ1話感想&あらすじ(ネタバレ注意)思いやりがあり人あたりの良い平和主義者の臆病者が、うっかり勇気を出したら・・・誰にでも起こりうる身近な事件!

※この記事は友人の、かづちやえから寄稿されたドラマ感想です。

月9なのにサスペンス!最近の月9はジャンルが豊富です。20時代に刑事ものサスペンスもののドラマが放映されていたのですが、20時のドラマ枠がなくなってしまったせいなのでしょうか(笑)

登場人物

個人事務所でデザイナーをしている倉田健太(相葉雅紀(嵐))は一見思いやりがあり人当りが良い好青年。仕事でも今一つ自分を出しきれず、クライアントの要望に添ったデザインを仕上げてしまいます。

倉田健一の父・倉田太一(寺尾聰)はナカノ電子部品の総務部へ出向している銀行員。昔は土日返上で働いていた根っからのサラリーマン。銀行の同期には花形で出世した八木部長(高田順次)がいる。銀行からは我を通さず周囲と上手に付き合える太一の性格が一目置かれ、ナカノ電子部品へ出向させられたようだ。

健一の母・珪子(南果歩)はお嬢様育ちを想像させられる上品で笑顔が可愛く人から愛される印象。ご近所づきあいも出しゃばらず円満にも見えるが、人から好意を寄せられたり思わぬところでセンスを発揮したりすることで知らず知らずに妬まれそうでもあります。

健一の妹・七菜(有村架純)は可愛く奔放、そして家族の中で誰よりもはきはき物を言うしっかり者のイメージ。

倉田家の四人を謎の人物からのストーカー行為による恐怖の日常が始まります。

あらすじ。

ある日、健太が珍しく電車に無理やり割り込み乗車しようとしている男を制止し、誤って転倒させてしまいます。そこに記者の神取明日香(沢尻エリカ)が居合わせ、倒れた男に対して「謝るか逃げるかどちらかしかないと思うんですけど」と釘を刺すと男は逃走する。明日香は健太に「あなたがとった行動はとても立派だったと思います。それだけです。勘違いしないでくださいね。」と一声かけ電車を降りていきます。

その後、バスに乗って帰宅する健太、バスに例の割り込み乗車した男らしき男が乗り合わせてきます。目印は服装と体格くらいで顔は見えません。逆恨みされているのではと怖くなった健太は家の近くの停留所でバスの扉が閉まる直前に走って下車します。そのままバスは出発したかと思いきや、すぐに停車してニット帽の男も下車してきます。確信を持った健太は走って逃げます。全速力で追いかけてくるニット帽の男を何とかまいて帰宅しました。

翌朝、家の花壇から花が根から抜かれて荒らされていました。

同じ駅で偶然記者・明日香に再会します。健太はニット帽の男の件で不安になっていたので明日香に話かけます。すると明日香は自分は記者だから調べるので、誰にでも起こりうるこの事件を記事にしてもいいかと持ちかけます。健太は事を大きくしたくないからか断ります。

翌朝、花壇の花は引き抜かれ踏みつぶされていました。

それでも、近所の目もあるので警察には届け出ないでおこうというのが父・太一の結論でした。

健太のシャアオフィスに明日香が訪ねてきます。事件の事がどうしても気になったという彼女。プラットホームで注意されただけでそこまでするか?と疑問に思い、明日香は健太や健太の父の周りに仕事上のトラブルはないか、また健太や家族に恋愛系のトラブルはないか、ご近所付き合いにトラブルはないかなど質問してきます。基本的にトラブルを持ち込みそうにない自分や家族には全く心あたりは在りません。

明日香は「何かあったらすぐ連絡して」と言い残して去っていきます。

健太の父・太一は職場で難しい立場に立たされていました。銀行から出向している企業の総務部の部下・西沢摂子(山口紗弥加)より、営業部長・真瀬(竹中直人)が交通費80万を二重取りしているとの報告を受けます。取引先の企業より交通費を支給されているにも関わらず、会社にも交通費を請求しているとのこと。取引先の企業に確認を行ったうえで真瀬に事実を確認すると、「この会社の業績が悪いときは交通費は自腹だった」と自己肯定します。太一は仕方なく社長に報告するも、既に真瀬から取引先企業に手が回っており、取引先企業が自社に交通費を支払、会社から真瀬に交通費が出ていると証言がひっくりかえっていました。真瀬は太一に土下座して謝るよう迫ります。すると、部下の西沢がそれに対し「謝罪を要求するなら間違った情報を流した取引先でしょ!真瀬部長には事前に確認をとりましたが否定されませんでしたよね!私はこんな卑怯な人が許せないんです!」と怒りをあらわにします。

また健太の母・珪子はご近所のエリート商社マンの奥様・下村(堀内敬子)と通う陶芸教室で、講師の波戸(眞島秀和)に下村さんをさしおいて作品を褒められてしまいます。波戸先生の珪子へのご執心具合も少し違和感がありました。

そして、健太の妹・七菜は友人・保原(足立梨花)より、元彼の辻本(藤井流星(ジャニーズWEST))は以前も付き合っていた子のストーカーになったという噂を聞き、家のいたずらも辻本ではないかという話を聞きます。

そして翌朝、健太の自転車のサドルが引き裂かれていました。流石に警察に届け出るものの、嫌がらせはエスカレートします。健太の捨てたゴミからどの企業のデザインを考えているか情報を仕入れ、健太に仕事を発注しないよう企業にFAXが届き、健太は仕事をもらえなくなりました。

帰宅すると家は厳重に鍵を閉めて戸締りしており、帰宅早々妹と母親が近所の公園に変な人がいると騒ぎます。健太は二人に戸締りするよう伝え、犯人を確認しに行きます。公園にはニット帽が持っていたタバコと同じ銘柄の吸い殻が落ちていました。そしてニット帽の男らしき影を追いかけると、捨てられた猫と父・太一に遭遇し、ニット帽の男は見失ってしまいます。

翌朝、母・珪子の悲鳴で目が覚める健太。自宅のポストに傷つけらえた捨て猫が入っていました。そして電話が鳴り、一通のFAXが届きます。

「楽しいお宅ですね。またおじゃまします。」

期待する展開。

容疑者候補は現在4人。
健太が割り込み乗車を注意した謎の男、太一の勤める会社の営業部長・真瀬、珪子の通う陶芸教室の講師・波戸、七菜の元カレ・辻本。

容疑者候補が入れ替わり立ち代わりし、最後に誰に辿り着くのか、非常に興味深いです。記者・明日香も容疑者候補にあがるのでは・・・と思っています。

関連記事。

藪下依子(杏)29歳は国家公務員の理系女子。毎日のごはんメニューは周期的に決まったものを作って食べます。調味料はラベルを貼った容器に薬品か何かのように保管されています。愛車の原付自転車に乗る前には各所点検を怠りません。

デート~恋とはどんなものかしら~第1話感想&あらすじネタバレ注意・脚本はなんと「リーガルハイ」「相棒」「寄生獣」「三丁目の夕日」「少年H」の古沢良太!痛い女VS痛い男?!恋愛を全否定、理系女子・藪下依子(杏)と文系男子・谷口巧(長谷川博巳)が楽しくない初デートでやらかします!

高等遊民とは、明治時代から昭和初期に使用されていた言葉で、高等教育を修めたにも関わらず経済的に不自由がないため働かず、読書などをして過ごす人のことです。夏目漱石の『それから』の長井代助や『こころ』の先生が高等遊民でした。

デート~恋とはどんなものかしら2話感想&あらすじネタバレ注意・高等遊民(ニート)の谷口巧(長谷川博巳)がフラッシュモブプロポーズ?!理系女子・藪下依子(杏)が…。

女は全員自分の前には白馬の王子様が現れると思っています。理想の男をものにできる女なんてほんの一握り、殆どの女性は現実を思い知ることになる。「自分の相手はこの程度だ」と…その現実を受け入れた女から結婚していくのよ。

デート~恋とはどんなものかしら~第3話感想&あらすじネタバレ注意・婚活お見合いパーティで再開?!高等遊民・谷口巧(長谷川博巳)と理系女子・藪下依子(杏)がドン引きされまくり…だが、それがいい?!

カウントダウンまで残り数日、忘年会にビール一杯だけでいいから参加するようにと上司に言われ、ビール一杯をあおって帰ろうとするリケジョ・藪下依子(杏)。同僚が恋人とどこまでいったかの話題で盛り上げっているのを耳にします。

デート~恋とはどんなものかしら~第5話感想&あらすじネタバレ注意・好青年の鷲尾(中島裕翔:Hey!Sey!JUMP)が元ヤンの佳織(国仲涼子)がカウントダウンパーティーで…?!

カウントダウンパーティーからニューイヤーパーティーに移り変わる時、サイボーグ009に扮した巧(長谷川博巳)は幼馴染の妹・佳織(国仲涼子)に唇を奪われ、003に扮した依子(杏)は父の剣道仲間・鷲尾(中島裕翔(Hey!Say!JUMP))に唇を奪われます。衝撃的な出来事の後、大人たちは何事もなかったように解散するのでした。

デート~恋とはどんなものかしら~第6話感想&あらすじネタバレ注意・お雑煮の事件簿、新年ミラクル…ニートと鷲尾豊(中島裕翔)…どちらを選びますか?

依子の母・小夜子は胃がんと判明した際、「胃潰瘍」と依子に告げました。依子はその嘘に気付いた時、母親を問い詰めました。するとそれは、依子の為についた嘘ではなく、依子が知って泣いた時に自分がつらくなるから告げなかったのだと小夜子は言いました。

デート~恋とはどんなものかしら~第7話感想&あらすじネタバレ注意・母、留美(風吹ジュン)の死を覚悟!「佳織(国仲涼子)の切ない想いと鷲尾(中島裕翔)の真っ直ぐな想い。

巧が破いてセロハンテープで修復した婚姻届を差し出します。すると依子はそれは捨てて下さいと言うので、代わりに鷲尾がびりびりに破きます。巧は負けじと契約書を提示します。「契約したので契約は成立している!」鷲尾はそれも破棄しようと、分厚い契約書を必死で破きます。

デート~恋とはどんなものかしら~第8話感想&あらすじネタバレ注意・不等号から始まる恋?!理念で結ばれた依子(杏)と巧(長谷川博巳)が破局?!

依子は巧に背中を押されて鷲尾の元へかけつけ「恋がしたい」と打ち明けます。鷲尾は今まで振り回されたことを気にも留めず、「依子さんだって普通の女の子です、恋愛くらいきっとできますよ。自分が努力します、依子さんに恋をしてもらえるよう自分が精いっぱい頑張ります。

デート~恋とはどんなものかしら~第9話感想&あらすじネタバレ注意・デートが楽しすぎる!依子と巧の自我が崩壊!あなたそれが本当に恋だと思っているわけ?

私は依子(杏)や巧(長谷川博巳)と同じく、一般的に言う恋愛とは楽しいもので幸せなものだと思っていました。恋は盲目、恋は夢見るものであり現実に伴う苦しさなんてものは見て見ぬふりをする・・・と思っていて私は苦手意識がありました(笑)本当に恋がそんなものなのであれば、依子の言葉を借りると人生の浪費だとまで思っていたのも事実。

デート~恋とはどんなものかしら~最終回10話感想&あらすじネタバレ注意・喧嘩する程仲がいい、夫婦喧嘩は犬も喰わない、最強の変人カップル誕生?!

感想の感想(ナカノ実験室)。

今までFCブログで更新してましたが、限界を感じたので「はてなブログ」で更新してみました。アクセス増えるといいですが…。

ナカノ電子部品…フィクションの企業だけど、『ナカノ』って辺りに何かを感じずにはいられない。このブログでは、私のことを『ヤルキメデス』と認識している人も多いのですが…。