大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

性に関することを書くならば、Googleアドセンスじゃなくて、アイ・モバイルとかバリューコマースとかやればいいんじゃあないかなぁ。

性に関することを書くならば、Googleアドセンスじゃなくて…。

なんの偶然か、以下の記事二つを最近とついさっき読みました。

copy.hatenablog.com

こちらは、一度、地獄通知を受けた人。

hitode99.hatenablog.com

で、こちらは、やべーんじゃないの?と思える記事。ヒトデさんのブログは、既にヘタな株式投資の配当金とかより稼いでるみたいなので、こんなにリスクの高そうな題材を選ばない方がいいんじゃないの?と思った。そして、さらに思ったこと。

Googleはアメリカの会社で世界企業。

前書いていたことを引用。

そもそも利用規約スレスレのことは書かない方が良いですが、「この文章は欧米感覚では大丈夫か?」という意識は持った方が良いと思います。

余談ですが、もしも、Googleが成人向けコンテンツにまで、広告配信を行ったら……がちで死活問題になる会社は多いでしょうね。まとめて、Googleアドセンスの参加になるかもですが…。

Google社はアメリカ企業!アドセンス利用規約も欧米感覚で守ろうよ・11月1日は紅茶の日・小説下書・禁煙2年176日目・今日のはてブ。 - 団劇スデメキルヤ伝外超


まあ、自分の書いた内容のどこかアダルトコンテンツなんだ!と思うと同時に、相手はアメリカ企業ってことは、意識しておきたい。サンジがアニメでタバコ吸ってないとか、ドラクエの中で教会がNGだったり、そういう国。

アイ・モバイルとかバリューコマースとかやればいいんじゃあないかなぁ。

PV報酬や、クリック報酬で群を抜いているGoogleアドセンスだけど、今のところ成人向きコンテンツには対応していない。だったら、対応している「アイモバイル」とか、バリューコマースに限らず物販系で強いASPを利用したらいいんじゃあないかな?と。

実際、アドセンスよりも儲かるかもしれないし、Googleの規約を気にしながら書くよりも、自由になれる気がするけど。ただ、「はてな」の利用規約に抵触する可能性はあるのだけど。

どうでしょう。アドセンス的広告配信で、業界2位はアイ・モバイルだと勝手に思っているのですが、他にもあるのかな。ネンドとかよく聞くけど。