大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

スポンサーリンク

人生で一番好きなジャンプ漫画『岡野剛×真倉翔:地獄先生ぬ~べ~』「はたもんばとか、ブキミちゃんとか、花子さんとか…かなりの破壊力があり震えた記憶」100件アンケート(2/100)【WeeklyJUMP創刊50周年記念】 #WJ

一番好き・地獄先生ぬ~べ~。

2018年現在では、空席のジャンルですが、「妖怪もの」という連載ジャンルで、人気作品の一つは地獄先生ぬ~べ~じゃないでしょうか。

妖怪だけじゃなくて、都市伝説なども含めて、多くのネタが出ていたはず。ジャンプの「妖怪漫画」の系譜をたどっていくと、ぬらりひょんの孫や、イリーガル・レアの先祖となる作品なのかも。

連載当時、私も読んでまして、恐怖やエグい記憶もありつつ、いろいろな目覚めがあった作品じゃあないかと思います。

「お色気」というジャンルは、今もあり続いてますが、小学校が舞台の作品は、現在はやりにくいんでしょうなあ。お色気、バトル、シリアス、不思議、なんでもありの作品でしたね。

週刊少年ジャンプではないですが、続編やスピンオフ作品もモリモリと続いていたりしますね。スピンオフと続編を含めたら、無印よりも長く続いているかもしれんね。

アンケートを行いました。

ジャンプ感想を、もう10年以上やっている私です。週刊少年ジャンプ50周年ということで、ネットアンケートを行ってみました。「人生で一番好きなジャンプ漫画は何ですか?」というお題です。
人生で一番好きなジャンプ漫画『ONE PIECE(ワンピース)』「ロビンに対してルフィが……」100件アンケート(15/100)【WeeklyJUMP創刊50周年記念】 #WJ - 大学院卒ニート、しやわせになりたい。

地獄先生ぬ~べ~が一番大好きです。

ワンピースやドラゴンボールなどなどジャンプの漫画はどれも大好きなのですが、女の私が初めて全巻揃えたのは地獄先生ぬ~べ~です。
キャラクターデザインが好きなのはもちろん、子供ながらに色んな妖怪がもしかしたら自分の周りにもいるかもしれないとか、ジンクスを信じたり。
ぬ~べ~のライバルの玉藻がかっこよくて大好きでした。
小学生の生徒たちと自分を重ねてみたり管では感情移入してしまいました。
強敵が現れた時も子供たちを守るために勇敢に立ち向かうぬ~べ~と生徒の絆も感動します。
最後の巻では離れる事がないと思っていたぬ~べ~と生徒たちの別れの場面は号泣しながら見ていた記憶があります。
恋愛もあり、面白さ、感動もあり大好きな漫画です。

地獄先生ぬ~べ~。色褪せない名作。


地獄先生ぬ~べ~が私の一番好きなジャンプ漫画です。画力が高くて、可愛い・格好いいキャラクター達と一部トラウマになる程恐ろしい妖怪達の絵柄の差が非常に魅力的な作品です。はたもんばとか、ブキミちゃんとか、花子さんとか、連載当時小学生だった私にはかなりの破壊力があり震えた記憶があります。
教師である主人公の鵺野鳴介が生徒達を妖怪から守る、というのがメインのストーリーです。しかし、シリアスな回、ギャグ回、泣ける回、心温まる回など、非常に幅広くて飽きない話の作り方をされていたので、毎回楽しく読めました。小学校が舞台ですが、意外とセクシー表現もありますwww
今の私がホラー作品や妖怪モノの作品が大好きな根底には、小学生時代読みまくった地獄先生ぬ~べ~の影響が大きいのだと感じています。大人になった今読み返してもやっぱり面白い。色褪せない名作だと思います。

コミックス鬼の手。

関連の記事。

yarukimedesu.hatenablog.com