大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

キャリア~掟破りの警察署長~:最終回・結末の感想あらすじ「遠山金志郎(玉木宏)、相川実里(瀧本美織)、南洋三(高嶋政伸)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

警察ドラマの内容にもなってくるのですが「キャリア」「ノンキャリア」との戦いにも感じてしまうものですが逆に答えは一緒であるのがかなり共感を持ってくるのが見てても面白いと感じるものです。それに署長をフォローするのが「柳沢慎吾」さんでもあるので違ったコンビでもある中でどの様に変わろうとするのかがかなり見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

キャリアで警察署長の遠山金志郎でもあるのですが登場方法がかなりユニークにも思えるものです。キャリアとなれば雰囲気にもかなり違ってくるものですが「市民の味方」でもある金志郎が次々と署長とは違った感覚で事件を解決に導こうとするのがかなり見入ってしまうものです。

思い出深いエピソード

身近な事件にもなってくるのが「ストーカー」でもあるのですがかなり警察の対応一つで変わろうとするのが共感出来るのではないかと思うのです。やはり市民の気持ちにも寄り添った内容ではないかと感じてしまう所もあるのでこの作品では署長の配慮がかなりカギとなってくるのではないかと思うのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

遠山金志郎(玉木宏)、相川実里(瀧本美織)、南洋三(高嶋政伸)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回になってくると過去の事件にも振り返ってくるのではないかと感じるものです。署長ともなってくると他との柵が強くなってくるので動き悪いと思う所も出てくるものです。しかし事件解決には署長もひたすらに動こうとする姿にはかなり好感触にもなってくるものです。警察官としての関わりにも変化が出て来れば良いのにもと感じてしまう内容です。

おすすめ。

キャリアとなってくるとどこか考えてしまう所もあるのですが逆に普通とは違った所があるのでいかに市民の近い存在にもなっているのかがこの作品ではカギとなってくるのではないかと思うのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

日曜ドラマの中でかなりユニークにも感じてしまう所もあるものです。警察官としてどの様にあるべきか考えてしまう所もあるものですがその中でも署長となってくるとかなり違ってくるのではないかと感じてしまうものです。その中でも市民に近いと公言しているのがかなり不思議となってくるのですがこの後にはどの様になってくるか注目するものです。

その他。

警察ドラマとなってくるとどこか重い雰囲気が漂う中でもあるのですがどこか明るく市民に寄り添った内容にも感じてしまうものです。なかなか有言実行までいかないのが警察としてはあるのですが理想が込められているのがどこか願いにも感じてしまうものです。キャストにもかなり面白いと感じてしまうのが分かるものです。