読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

早見さんとよばれる日:最終回・結末の感想あらすじ「松下奈緒、井ノ原快彦、船越英一郎、要潤出演・ホームドラマ、登場人物がかなり色濃く描かれているもの」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

この作品においてはホームドラマにもなってくるのですが登場人物がかなり色濃く描かれているものですが逆に見方を変えると思わず笑ってしまう場面にもなってくるのです。登場人物の中には二時間ドラマには欠かせない「船越英一郎」さんが登場するのですがどの様なキャラクターで描かれているのかが注目するべき点でもあるのです。なかなかこのドラマでは笑いあり、質問を投げかける様な部分があったりとかなり目まぐるしい感覚にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

結婚を機に育った環境の変化に伴う事でいろいろな苦難にも立ち向かおうとするものです。それにお嬢様育ちでもあった優梨子は家事全般が出来ないのですが練習を重ねる事でどの様な形で家事をして行くのかがかなり見物にもなってくるのです。その中でも揉め事を起こしながらもどの様な解決方法で導いて行けるのかが見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

男所帯の所に嫁いだ優梨子でもあったのですが料理が出来ないのがかなり驚くばかりです。しかし家族の心を溶かす為の説得方法にはかなり見入ってしまうものです。男同士ではなかなか心を開く事が出来ない中でも視点を変える事で開こうとする気持ちにもなってくるのが印象的にもなってくるものです。兄弟げんかをしている時に止め方に関してはかなり驚くばかりにもなってくるものです。なかなかこのやり方で行うのは出来ないものですが時と場合にもよって変わろうとするのが見所満載にもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

早見優梨子(松下奈緒)、早見恭一(井ノ原快彦)、早見恵太郎(船越英一郎)、早見研二(要潤)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回を見てからは紆余曲折を経てから一つの家族にもなってくるのが印象的にもなってくるものです。なかなか見てても緊張する事ばかりの連続にもなってくるのですがやはり一番になってくるのは「受け入れる」事の大切さを身に染みて感じるのではないかと思います。それに後半からは「母親」とは何だろうと思う所では思わず涙を堪えてしまうものです。家族の良さを振り返るキッカケにもなりますしこれからの自分自身を見つめ直す事にもなるのが分かるものです。

おすすめ。

最初の頃は「本当に大丈夫?」と思う場面も連続で感じてしまうのです。しかしそれぞれの立場になってくると思わず「あるある」と突っ込んでしまう所も数限りなく感じるものです。それに恭一の気持ちになってくるとかなり共感出来る場面にもなってくるので精神的な部分にもかなり苦労してしまうのも分かるものです。なかなか素直に言えない所の連続にもなってくるのですが最終的には上手くまとまっていこうとするのが印象的でもあるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

「仕事」「家事」と両立が当然出来ると言われてしまうのですがやはりどちらかに偏ってしまう事でバランスを崩してしまうのが分かるものです。それに男兄弟である事でそれぞれのプレッシャーにも敢えて触れる事があってこそ絆の固さにも実感として変わってくるのではないかと思うのです。その中でも「職場結婚」であることの悩んでしまう事や同僚からの言葉についてもかなり嫌味にも感じてしまうのが印象的でもあるものです。それに恭一においても優梨子の大きさにもしみじみと実感してしまう所もあるのが分かるものです。

その他。

ドラマにおいては賛否両論が出てしまうのも分かるものですが「家庭像」とはどの様な形であるのか考えてしまう事にもなってくるものです。なかなか一概にこれであるとは言えない部分もあるのですが一生懸命に頑張っている姿を見ると自分自身を振り返るキッカケにもなってくるのが感じてしまう所もあるものです。素直に言えない事でもこの作品を拝見した後になってくると気持ちの面においても変化してしまうのもあるのではないかと感じるものです。