大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

警視庁捜査一課 9係 シーズン1:最終回・結末の感想あらすじ「浅輪直樹(井ノ原快彦)、加納倫太郎(渡瀬恒彦)、石川倫子(中越典子)、村瀬健吾(津田寛治)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

警察ドラマにおいてはかなり穏やかな感覚で見れる作品にもなって来るのです。縦社会にもなってくると思いきや要所要所でキッチリと締めようとするのは印象的にもなってくるものです。それに課長の行動においても一見関係無いように感じてしまうのですが紐解いていく事で良い展開になっていこうとするのが分かるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

9係に配属なった「浅輪直樹」ですが初日から不運にも感じてしまう所があるものです。しかし不運だけでなくとも警察官としての成長にも繋がって行こうとするのも感じられやすいものです。しかし事件の数を重ねる事で「警察官」としての貫禄を見せつけるようにも思えるものです。

思い出深いエピソード

最後に親子の再開となった場面が印象的でもあるのです。それにひた隠しにしていた直樹と倫子にしていたのが分かってしまうのは不思議とにやけてしまうものですが逆に一致団結してこれから倫太郎の性格がどの様に変わろうとするのかが印象的でもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

浅輪直樹(井ノ原快彦)、加納倫太郎(渡瀬恒彦)、石川倫子(中越典子)、村瀬健吾(津田寛治)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

一話完結型のドラマでもあるのですがかなりシンプルに見れるものです。それに警察の中でも仲間意識の高さを持ってくると共に長所がキッチリと生かせているのがかなり納得してしまうものです。それにいざこざがある中でも事件をキッチリと解決に導こうとするのがかなり好感覚にもなってくるのです。

おすすめ。

なかなか素直にいかない所の連続にも感じるものですが数を熟す事で事件解決に導こうとする意欲についてはかなり感激してしまう所の連続にも感じるのが印象的でもあるものでした。それに課長が当直の時に行っている料理に関してはかなり「えっ!?」と感じてしまう所もあるのですが部下をしっかりと助けようとするのも好感覚であるのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

警察となれば縦割り階級が目立つ印象にもなってくるものです。しかし個性が強い分事件に対しての観察力が高まっているのが好感触にもなってくるものです。私自身この作品においては初めは関心が無いものでしたが回数を見る事で考え方にもかなり変わってしまうのも実感として感じるものです。

その他。

警察ドラマにおいてもかなりあっさりとした感覚で見れる内容の連続にもなってくるものです。それに後輩をキッチリと育てようとするのがかなり微笑ましい限りにも感じるものでした。事件の中でもどこか微笑ましい所もあるので見やすくあっと言う間に見れるのではないかと感じるものでした。