読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ドクターX 外科医・大門未知子~シーズン2~最終回・結末の感想あらすじ「医局の派閥争いがメインにもなってくる」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

このシリーズからは医局の派閥争いがメインにもなってくるのですが未知子においてはどの様な形で物語が進んで行こうとするのかがかなりワクワクするのも分かるものです。「出来ない」とサジを投げてしまう医師にも未知子自身幾度も手術で完治しようとする未知子のスタンスにもかなり感銘を受けるばかりにもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

北海道旭川で競馬をしてた大門未知子でもあるのですがその時に偶然居合わせたのは「馬淵内科統括部長」です。「外科統括部長の蛭間」との真っ向から対決にも感じるものです。その中でも「御意」の言葉にはより一層磨きが掛かっているのではないかと感じるのも見てて唖然としてしまうものです。ここからの展開がかなりシビアの連続にもなってくるものです。未知子は己のスタンスを崩す事がなく貫き通す事が出来るのか注目するものです。それに物語が進んでいく中で蛭間がかなり慌ただしくなってくるのは見物でもあるのです。

思い出深いエピソード

最初の話では秘密の「特患」の治療方針においても真っ向から違ってくるのですがその中でもいかに患者にベストの選択になるのかが見てても感銘を受けるものです。それに最終話近くでは帝都大をクビにされた未知子は派遣で高知県に来る事にもなったのです。その時に出会った患者が難病の「筋繊維芽細胞腫」です。初めは何気なく過ぎ去った日々でもあるのですが次第にオペで完治しようとする気持ちにもなってくるものですが周囲からは猛反対されるのですがこのオペを果たして未知子はキッチリと完治する事が出来るのかがかなり注目してしまうのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

大門未知子(米倉涼子)、神原昌(岸辺一徳)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

命の尊さを目の前にした時に何が一番大切になってくるのかがかなり考えさせる事にもなってくるものです。しかし未知子に関してはスタンスを崩す事無く邁進している姿にはかなり共感してしまうのも分かるものです。「大門未知子」のスタンスを貫こうとするのも見てて快感出来るものです。それに派閥争いにしか目が無かった医師達にも未知子とのかかわりを持つ様になってからは考え方にもかなり変化が出やすいのではないかと思うものです。

おすすめ。

医局派閥争いには絶対加担する事が無い未知子でもあるのですが知らず知らずに巻き込まれてしまうのはかなり可哀想にも感じてしまう所でもあるものです。それに未知子自身は己のスタンスを貫いている中でいろいろと変化をもたらそうとするのもなんとも言えない感覚にもなってくるものです。それに初めは近藤医師は権力に屈してしまいかけてしまうのですが未知子との関りを持つようになってからは「生きる」という観点にもかなり見違える様にもなってくるのが分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

最後のオペになりそうな時に昌さんが未知子に初めてオペを止めるように進言するのはかなり意外な感覚にもなるものです。しかしこの本心は「親心」が働いているのではないかと感じると思うのです。それにタイトルにもある意味に関しても内容を拝見する事で伝わる内容にもなってくるものです。それに治療を諦めようとする患者から必死に助けようとする気迫にも画面越しでも並々ならぬ伝わるのが見入ってしまうのも分かるものです。

その他。

未知子のお決まりといえば「私失敗しないので」というのです。他の医師が諦めようとする中でキッチリとオペを熟そうとするのはかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。それに今回のシリーズでは「教授選挙」にも絡んでくるのですが「名誉」「命」のどちらを選択するのかがかなり見物でもあるものです。それに未知子自身もかなり揺れ動いてしまっているのがかなり驚くばかりにもなってくるものですが最後にはキッチリと答えまで出そうとするのもかなり見物でもあるものです。