大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

スポンサーリンク

Dr.スランプ全18巻(アラレちゃん)最終回・感想や思い出(ネタバレ注意)・小説下書・禁酒1日目。

今日から、日記を分断化するテスト。ネットとか、アフィリエイトの内容と、どっちが反響あるだろう。どっちもないかもしれない。

Dr.スランプ全18巻(アラレちゃん)の思い出。

全18巻。今のジャンプだと「打ち切りww」とか揶揄されそうな巻数です。

Dr.スランプ (第18巻) (ジャンプ・コミックス)

ジャンプで連載されていたモノを読んでいた訳じゃあなくて、父親か、兄が購入して家にあったのを読んでいた。コミックスの表紙とか、かなりクオリティーが高かったはずだけど、かなり最初に読んだマンガの一冊なので「そういうもの」だと思っていた。

基本的にギャグマンガで、バトルや、レース展開の話も多い。「シリーズ物の方がネームが楽」と作者が言えば、ドクターマシリト(鳥嶋編集)が「このシリーズはいつまで続くのだ?」と、作中でツッコム。今のジャンプでも、ギャグマンガのシリーズは、多くて4話、5話くらいだけど、1話完結が基本だったようだ。

鳥山明氏本人と、アシスタントさん一人で愛知で作画されていたのだから、すごい。ネームを描かないで、最初から下書きしながら、コマを割っていた…という方法論は、今のジャンプじゃあ無理なのかな…。

最終回・感想(ネタバレ注意)。

知らない人は少ないと思うけど、「最終回」を記念した内容。則巻千兵衛氏の大発明が披露されて、村人全員で見るという感じ。アニメでも、同じ回が最終回だったっけ…。

当時の読者が、どれくらい笑っていたかは分からないけど、毒気や、風刺ネタなどはなしに、今読んでもほんわか読めると思う。作品が色あせないのは、当時から、ど田舎として描かれていたからかな。

小説下書。

僕は何日眠っていたのだろうか。線路がどこかの街を見下ろせる、高台に出たところで、僕は旅立ってから何度目かの休憩をすることにした。今思うと、職場から計測器も持ってくるべきだった。空気の汚染が怖かったが、フルフェイスのマスクを外して、食事を取ることにした。こうなってしまっては、いつ死んでも仕方ないし、悔いもないだろう。

禁酒1日目。

夜にビールを飲みました!初日から失敗!!日数は増えない…。