大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

夜王:最終回・結末の感想あらすじ「的場遼介(松岡昌宏)、上条聖也(北村一樹)、修(要潤)、加納麗美(かたせ梨乃・出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

この作品においてはサクセスストーリーにもなってくるのですが傍から見るとかなり意外な感覚にもとらわれてしまうのですがやはりカギとなってくるのが「努力」は裏切らないと言うのが共感出来るのではないかと感じるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

札幌から状況した遼介でもあるのですが途方もなく彷徨っている中で麗美からホストになる様に誘われたのです。そこで一念発起した遼介がホストを始めようとするのです。ホストの事を知らない遼介でもあるのですがいろんな人物との出会いを絡んでくる事で考え方などにもかなり変わってくるものですし紆余曲折の中でどの様になってくるか注目するものです。

思い出深いエピソード

麗美は自身の死期を近くに悟った事で遼介にホストの真髄を語ろうとするのです。一途に優しさを与えようとする遼介を麗美は優しく見ているのはかなり切ないものです。ホストの真の部分においてどの様に囚われているのか考えさせるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

的場遼介(松岡昌宏)、上条聖也(北村一樹)、修(要潤)、加納麗美(かたせ梨乃)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

原作では聖也との対決は描かれていないのですがこの話を拝見する様になってからはかなり驚きばかりの連続にもなってくるものですが逆にホスト界の本来あるべき姿や考え方が多少なりとも伝わるのではないかと思うのです。それにホスト嫌いのキャラも遼介を通じていろんな形で変わろうとするのもかなり印象に残ってくるのも分かるものです。

おすすめ。

ホストの事やサクセスストーリーに注目を置くのですが努力次第でいろいろと夢が叶うのではないかと感じてしまうものです。しかし夜の世界においてかなり偏見を持ってしまいがちにもなるのですがこの考え方においてはどの世界においても共通出来る所もあるのではないかと感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

原作を知っているからこそ見るキッカケの一つにもなってくるものですが私自身この作品は原作に忠実に描かれているのがかなり印象的でもあるのです。しかし内容を拝見する事によって何が大切なのかかなり分かるものです。夜の世界においては何を通じて守って行かなければならないのかがかなり考えさせるものですし、努力次第では考え方にもかなり変化が伴ってくるのもかなり共感出来るのではないかと感じるものです。

その他。

キャストと原作とかなり違ってくる部分があるものですがホストにおける考え方には何となく似ている所もあるような感覚でもあるのです。しかし苦難の中でも大切にしなければいけない事を貫こうとするのかがかなり印象的でもあるのです。