読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ドクターX 外科医・大門未知子~シーズン4~最終回・結末の感想あらすじ「東帝大学病院で新たなステージ、蛭間重勝をどの様な形で迎え撃とうと」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

「東帝大学病院」で新たなステージを進む事にもなってくるのですが今までの因縁にもなってくる「蛭間重勝」をどの様な形で迎え撃とうとするのかが見物でもあるものです。それに今までビジネスパートナーとして組んでいた「城之内医師」が倒れてしまうのですがこの場面にもかなり緊張感が高まってくるのも分かるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

未知子は新たなステージとして勤務する病院では新たな派閥争いが始まろうとするのです。意外な人物が登場する中でお馴染みの連中にもかなり意外な感覚にもなってくるのですがその中でも未知子を中心にする事でどの様な患者を治療をするのかがかなり見物にもなってくるものです。それに東帝大病院内部のいかに縦割り社会が露呈に出ているのですが権力ばかりがいきがちにもなる中でどの様に患者を治療するのかがカギにもなってくるものです。

思い出深いエピソード

城之内医師においては「すい臓がん」で必死に痛みを堪えようとするのです。初めはオペの失敗になりかけた事で必死に攻めようとするのですが昌さんから仲直りする様に言われてから必死になる未知子にはかなり感激するものです。それに倒れてしまってからの城之内医師を未知子自身が治療に必死になっている姿に関してはかなり見入ってしまうのも分かるものです。それに回復過程においては「えっ!?」となりながら見れるものです。全てを終えてからの未知子の姿にはかなり晴れ晴れしいのも共感出来るのではないかと感じるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

大門未知子(米倉涼子)、神原昌(岸辺一徳)、城之内博美(内田有紀)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回では思わず感じてしまったのは「やっぱり」と感じるものです。医師として基本的な所をようやく理解させる事が出来たのではないかと思うのです。大学病院であるから「ブランド力」に頼ってばかりではいけないのが分かるものです。それに最終回の時には未知子自身旅行がメインにもなると思いきや敢えてどこに行くか分からないようにするのが想像力を

おすすめ。

ブランド力をカギとしている東帝大のメンツでもあるのですが患者においてはキッチリと治療に向き合えるのかが大切にもなってくるのです。医師達においては恐怖にもなっている部分が見え隠れするのですがそれを気にする事なく未知子は治療に専念するのが見てて晴れ晴れしく感じるものです。大学病院となってくると上の意向に逆らえる事が出来ないのが通例にもなるのですが真逆に信念を貫こうとするのが分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

新シリーズが始まろうとした時にはかなりワクワクする気持ちにもなってくるものです。序盤から旅になる中で急きょ産科の出産にもなる所ですがその中でもキッチリと成功とするのは凄いと感じるものです。それに帰国してからの慌ただしいものですが治療に向かうのは良い感覚にもなるものです。それに患者に対して要所要所でキチンとした理論で患者に関わろうとするのかがかなり見入ってしまうのも共感出来るものです。

その他。

この作品をかなり心待ちにしているのです。言葉使いは悪いのですが医師としては超一流にも感じるのが多くいるのではないかと感じるものです。未知子自身はオペがメインにもなってくるものですが今まで一緒に組んで来た城之内医師とは離れようとするのですが治療を通じて最後までキッチリと納得出来るまで遂行しようとするのが印象的にもなってくるものです。その中でも未知子の魅力にもかなり感じるものです。患者にどの様な形で完治しようとするのかが関わる中で何が大切にもなってくるのかが考えさせるものです。それに城之内医師を助けようとする時に自分自身が悪者になろうとしても治療を行おうとするのかが大切にもなってくるのです。なかなか己自身が悪者になるまで関わろうとする医師は他にいないのも同時に感じるのです。