大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

医龍2:最終回・結末の感想あらすじ「坂口憲二主演・北洋病院内でも朝田の名医の声が高まってくる中で外山医師の気持ちにもかなり不満」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

明真と北洋のそれぞれの病院の魅力が出てくるのですがその中でも一番になってくるのは「チームの結束力」が試される事にもなってくるのです。それに明真から離れてしまった朝田達においてはどの様にして新チームを作ろうとするかも見物になってくるのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

チームドラゴンの元に再集結を齎すメールが届くのです。明真に最初に集まったのは「伊集院」「ミキ」ですが期待が膨らむ中で登場したのが「野口」です。革命と言っている中でどの様に変えようとするのかが見物になってくるものですしチームドラゴンの行方に関してもどの様になるか注目するべき点でもあるものです。

思い出深いエピソード

北洋を潰そうとしていた「片岡」でもあるのですが藤吉や朝田達に関わる事でかなり考え方にも変化が伴うのも共感出来るのではないかと感じるのではないかと思うのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

朝田龍太郎(坂口憲二)、伊集院登(小池徹平)、外山誠二(高橋一生)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

北洋病院内でも朝田の名医の声が高まってくる中で外山医師の気持ちにもかなり不満が高まってくるものです。しかし敢えて朝田は指導する事が無く不満ばかりが高まってくる外山でもあるのですが朝田は敢えて答えを出さずにチームとは何であるのか探させるような感覚で指導するのは流石と言えるものです。それに明真においては野口の陰謀で窮地に陥いてしまう事ですが難手術を熟すのは流石と言えるものです。

おすすめ。

最先端医療と地域医療との格差が露骨に出てしまうのですが明真を立て直す事ばかりや己の目的ばかりを先走ってしまうと医療の根底部分を見失ってしまうのがかなり納得してしまうものです。それに鬼頭医師が野口に最後まで言い出すのがかなり見物になってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

一度はチームを解散した「チームドラゴン」でもあるのですが再集結したのですが本来の目的とは逆に使われてしまうのがかなり気がかりにもなってくるものです。しかし北洋病院を潰そうとしたのが一つのチャンスをものにする事で劇的に変わろうとするのが分かるものです。それにダメ医師ばかりが集まるという感覚にもなってくるものですが逆に朝田のやり方でいろいろと変化を伴ってくるのが分かるものです。

その他。

世界を駆け抜けている朝田医師でもあるのですが明真を立て直す事を知らされてから再び集結する事にもなったのですが患者さんの事をメインに行動するのが共感出来るものです。しかし伊集院医師においてはどこか流されやすい所がかなり色濃く出てしまうのが分かるものです。