読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

リッチマン・プアウーマン:最終回・結末の感想あらすじ「小栗旬、石原さとみ、井浦新出演・最終的には真琴の気持ちに徹がどこまで気が付けるのかが魅力にも」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

就活中の主人公でもある「夏井真琴」です。しかし憧れにもなっている日向徹を目の前にしてふとついた嘘がどの様な形で物語が進もうとするのかがかなり見物にもなってくるものです。それに真実が次々と出てくる中でどの様になってくるか見物にもなってくるものです。一度は離れてしまう徹と真琴でもあるのですが周囲の説得でハッキリと考え方にも変わろうとする行動力にも注目してしまうのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

憧れにもなっている「日向徹」ですが初めはキザな人物にも感じる方が多いものですが経営者としてはかなりやり手にもなってくるのです。それに主人公の「夏井真琴」が初めは嘘をついて近づこうとするのですがこの真相にはどの様な意味にもなってくるのかが見物にもなってくるものです。それにかつては仲間でもあった朝比奈が日向を裏切ってしまう場面にもなるのですが真実を知ってからの真琴は一途に向かって行こうとする意欲にもかなり共感出来るのも納得してしまうものです。

思い出深いエピソード

仲間でもある「朝比奈恒介」が徹を裏切ろうとするのは結構切ない展開にもなってくるものです。朝比奈の心理面においてはどこか分かる所もあるのですがそれをひた隠しにする姿には何とも言えない感覚でもあるのです。それに裏切る瞬間に関しては必死に積み上げてたものが一気に崩れてしまう瞬間には何とも言えない感覚にもなってくるものです。そこから仲間が離れてしまう瞬間からやるせない気持ちにもなるのが分かるものですし徹自身の心理面にもかなり共感出来る場面にもなってくるのが印象的にもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

日向徹(小栗旬)、夏井真琴(石原さとみ)、朝比奈恒介(井浦新)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

一度は裏切られてしまった会社や仲間でもあるのですが気持ちの中でどこかでは踏ん切りを付けなければならないのが印象的にも残るものです。ですが最終的には真琴の気持ちに徹がどこまで気が付けるのかが魅力にも残るものですし恋愛に傾いているのも思わず納得してしまうのです。それに「仲間」「仕事」「恋愛」等々いろんな形で見れていける感覚になるのが作品を見てても理解出来るのではないかと感じるものです。

おすすめ。

この作品の印象が多く残るのは徹のキャラクターでもあるのです。人物像にはかなり難癖が強い印象にも残るものです。しかし経営者においては一途に良い方向に向かおうとする意欲が高まってくるのが伝わるものです。それに周囲の人物の苦労や気持ちの面においても果てしなく共感出来る感覚にもなるのが分かるものです。そして兄妹を必死に支えようとする気持ちにもかなり見物でもあるのですが朝比奈においては一度は裏切ってしまった事に関してどの様な形での贖罪をして行こうとするのかも見入ってしまうものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

この当時のドラマを見ていると不思議な感覚にもなってくるのです。初めはそれぞれの立場で見る事で結構あっさりと見てしまう事にもなってくるのですが話を進むにつれて考え方や心理面においてもかなり変わろうとする思いにもなってくるので印象にも残りやすくなるものです。しかし朝比奈の裏切りを見てからの徹の気持ちにスライドすると何を信じて行ければ良いのかも学んでいけるものですし真琴自身が必死に支えようとする想いにもかなり共感出来るものです。

その他。

このドラマを見て誰もが感じてしまうのが両極端な展開の連続にもなってくるのが分かるものです。それに対して必死に支えようとする人物の姿に関してもかなり見応え感が満載にもなってくるのが分かるものです。それにメディア関連においても分からなくても素人視点でキッチリと見て行ける感覚にもなってくるのが納得してしまうものです。しかし一番に重要となってくるのが「傍にいる事」が誰もが大切にもなってくるのではないかと感じるものです。