大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

医龍:最終回・結末の感想あらすじ「坂口憲二、稲盛いずみ、小池徹平、阿部サダヲ出演・結束力が高まってくる中一人離れてしまう朝田」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

この作品においてはメインとなってくるのが「バチスタ手術」です。しかしそれまでの紆余曲折となってくる展開にもかなり見物でもあるのです。それにメンバー間においてもかなりカラーが強く出てくるのですが唯一意外にもなってくるのが「霧島」と付き合っているのがかなり驚くばかりにもなるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

メインとなってくるのが朝田でもあるのですが最初の時に登場したのは「難民キャンプ」で医療を提供していたのです。しかしその時に同時参加していた加藤にもかなり影響を齎すのですが帰国してから「バチスタ論文」を作ろうとした所で気持ちの面にもかなり変化するのも見所にもなってくるのです。

思い出深いエピソード

霧島が見放された患児が朝田達によって救われる結果にもなってくるのです。初めて見ると何ら変わりないようにも思えるのですがいろんな難点が絡んでくるものです。周囲が諦めかけようとする中でその空気が漂うものです。それに霧島が事故で瀕死の重傷から救い出すのはかなり感慨深くにも感じるものです。なかなか気持ちを切り替えて手術に挑もうとする気持ちにはかなり見入ってしまう展開にもなるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

朝田龍太郎(坂口憲二)、加藤昌(稲盛いずみ)、伊集院登(小池徹平)、荒瀬門司(阿部サダヲ)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

チームを結束してからのメンバー間ではかなり結束力が高まってくる中一人離れてしまう朝田を見ているのはかなり切ないものです。しかし病院内では難手術をキッチリと熟してしまう朝田の力量にもかなり見入ってしまうものです。

おすすめ。

医療ドラマにおいてこの作品は本格的な部分が強く印象的な内容にも感じるものです。心臓外科においてはなかなか理解しにくい部分でもあるのですがそれ以上においてメンバー間の思い入れが強く出ているのも注目するべき点でもあるのです。それにミキと霧島との因縁にもかなり驚くばかりにもなってくるのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

この作品においては漫画をモチーフにしたのですが見た方も結構いるのではないかと感じるのですがその中でも「チーム医療」の事をメインになってくると見方にもかなり変わってくるのも印象的でした。実写にする事で漫画とは違ってよりリアルに心情などが描かれているのがいるのも印象的でもあるのです。

その他。

医龍においては実写と漫画ではかなり違ってくるのが印象的でもあるのです。それに荒瀬のカウントにはかなり気に入る所もあるものです。なかなかこのやり方での麻酔をしていける医師はいないのが気に入る所でもあるのではないかと感じるものです。