大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

カンニングペーパーは厳禁!中学生時代のテスト勉強のやり方・工夫など「教科書の問題集化、間違えたところの扱いなど」【ネットアンケートまとめ4件】


中学時代の勉強のやり方・工夫など。

中学時代の勉強のやり方をネットアンケートしてました。そのまとめです。

少数意見ではありますが、役立ちそうなテクニックもあると思います。

私の中学生の時の勉強のやり方(教科書の問題集化)

 教科書を問題集化してテスト前に解いていました。具体的には教科書でテストに出てきそうな単語等を濃い緑色の蛍光ペン等で塗りつぶし、赤色の下敷きでかぶせ読み上げる方法です。塗った個所が赤色の下敷きをかぶせることにより、塗りつぶされ穴埋め問題のようなテキストを作成することができました。

一番大切なことは中学生の授業では先生が授業中に話している箇所が主な問題となっていたため、授業中に先生が言っていた個所は必ず単語でなくても塗りつぶしていました。社会などの問題では理由を明記せよといった問題があるため、単語では補えない個所があります。それに備えて単語ではなく、その前後の一文まで塗りつぶすことで覚えることができます。

また更により記憶力を増すためにテスト直前には青色のペンで勉強を実施することで集中力を高めました。隠れている箇所を音読するだけでなく、それを文字に起こしてテストのような形で実施することによって更に覚えることができます。

 私は上記のやり方で常にテストの点数は平均90点以上をとることができました。

間違えたところを放置せずミスした原因を探ろう

まず問題集を用意して、何も見ずに解いてみます。そのあと答え合わせ。間違えた問題をノートに書き写し、なぜ間違えたのかを分析します。答えは合っていたのに書き間違えたのか。あてはめる公式を間違えたのか。問題文が理解できなかったのか。

原因が判明したら、同じミスをしないために何をすれば良いのか考えます。文字を書き間違えたのなら、丁寧に書く。見直しをする。公式を間違えたのなら、きちんと公式について勉強しなおし正しい知識を手に入れる。問題文が理解できないなら、読解力を身につける。

間違えた原因を探り、それを適度に修正するだけでも成績は上がります。反対に間違えても、そのまま放置していたら成長できません。基本は挑戦、失敗、修正、挑戦の繰り返しです。

私の中学生時代の勉強方法~意外と忙しい中学生

私は数学が苦手でどうしても数学だけ顕著に成績が悪かったので親に頼んで進研ゼミの通信教育をしていました。数学に関しては公式を覚える事と公式を応用する事、文章を読み取ってなんの公式を求められているのか理解する事も必要かなとおもいます。

学校から家に帰ってきてからすぐ勉強していたわけではなく宿題などは寝る前にやることが多かったです。またはテスト期間前のみなど。正直テスト前までの勉強は部活などもあり忙しいのでその日でた宿題だけでいいかなと思います。一応テスト前は、習った事を復習するために勉強用のノートに複写して書く。

正解欄だけ赤ペンで記入したり蛍光ペンで記入し、テストの際には赤い下敷きを使って自分で穴埋め問題として使用していました。音楽のテストは暗記問題が多いので気を抜くと意外と面を食らいます。教科が小学校よりも増えて覚える事が大変です、が自分の好きな分野が見つかるかもしれない中学生活、ぜひ勉強頑張っていただきたいです。

授業中に作成したカードを制服のポケットにいつも入れて繰り返し眺めただけで成績向上

あまり大きな声ではいえませんが、中学入学以来後ろから数えた方が早かった成績は一向に伸びず、勉強する気にもならなかったとき,思いついたのがカンニングペーパー作りでした。

それで定期試験に備えてカンニングペーパーならぬカードを作成することから始めました。スケッチブックの画用紙を名刺大にカットしたのです。

そして、カットしたそのカードの表に問題を書き、裏に解答を書きました。試験科目すべてにそれをして制服のポケットにしまっておき、先生に見つからないように出し入れする練習をしているうち、繰り返し問題と答えを見ることになったわけです。

すると試験1週間前にはやることがなくなりました。すべて覚えてしまったのでやることがなくなったのです。

結果としてカンニングさえする必要がなくなり、試験は500点満点で425点、学年300人中20位、クラスでは3位の成績に躍進しました。以降その方法で上位キープでした。すなわちノートは取らずにカードを作成するだけでした。

カンニングペーパーは厳禁!

どうもニートです。前述の文章は、カンニングペーパーを作って、結果として、カンニングはしないでテストで得点したという体験談ですが、実際にカンニングしたら、絶対にダメです。

仮に中学のテストは乗り切ったとしても、高校受験、大学受験、大学の定期テストなどでカンニングが発覚すると、そこで人生が終わります。

受験は失格ですし、大学のテストの場合だと、全てのテストがゼロ点になったります。マジで人生狂うので、カンニングは、絶対にやめましょう。