大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

救命病棟24時~シーズン4~最終回・結末の感想あらすじ「海南医大救命センターでは医師が一気に「10人」も辞める事態」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回は救命医の現状を訴える内容にもなってくるものです。なかなか医師側の視点には見えないものです。話を進んでいこうとする事でかなりシビアな展開にもなってくるのが分かるものです。それにこのシーズンに関しては現場の目の当たりにした事で患者として何をしなければいけないのかがかなり慎重にもなってくるのが分かるのではないかと感じるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

海南医大救命センターでは医師が一気に「10人」も辞める事態になってしまったのです。一時は救命を止めるか瀬戸際にもなるのですがそんな中で登場したのは「進藤医師」でもあるのです。それから紆余曲折を経て立て直そうとするのも見物にもなるものです。それに澤井医師と進藤医師との両方の考え方においても変化が出てくると共に頑なになってしまっている進藤医師の心理面にもかなり見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

研修医として来たのは「工藤医師」です。初めはエリートではないかと感じてしまう所もあるものです。進藤医師と真っ向から対抗しようとするのですが医師としての使命感を知る事で燃え上がろうとするのです。小島医師に関しても救命医として真っ向から問題点に立ち向かおうとするのです。しかしこの問題に関しては何とも言えない感覚にもなってくるのが伝わるものですし、やるせない気持ちにもなってくるのが伝わるものです。それに工藤医師においては邁進する中である現場で患者を死なせてしまう事で展開がかなり変わろうとする所でかなり見物でもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

進藤一生(江口洋介)、小島楓(松島菜々子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

受け入れ制限については賛否両論が出てしまうのではないかと感じるものです。個人的には出来る限り助けて欲しいと感じてしまうものですが逆に疲労困憊の中で勤務しているのは何とも言えない感覚にもなってくるのが感じてしまうものです。それに患者としてのモラルにおいてもかなり考えさせる事にもなってくるのですし、看護師も苦労する場面にもかなり納得してしまう所もかなりあるのではないかと感じるものです。それからこの医療システムに関しては現場や患者の視点でどの様にしたら良いのかが考えさせる事にもなってくるものです。

おすすめ。

澤井医師は受け入れには制限しようとするのですが進藤医師とは真っ向から対立しようとするのも見物にもなってくるものです。初めはスタッフもついて行くのが大変にも感じてしまうのですが救命の本来の姿に戻ってくる事で考え方にもかなり変化が出やすいものでした。救命は「命の選択」を余儀なくされてしまう事もかなりあるものですが逆に進藤医師の言い分に関してもかなり共感出来る部分もかなり多くあるのではないかと感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

現場において医師をスポットに充ててドラマを見ていこうとするのはかなり関心が高まってくる内容にもなってくるものです。救命医となればベテランの方が多い中で新人医師が果たしてついて行けるのかがかなり疑問にも感じますが逆に進藤医師においても良いきっかけが出てくるのではないかと思う場面にも直結しているのもかなり共感出来るのではないかと思うのです。救命医としての苦労にもなかなか素直に感じてしまうのも分かる所も結構あるものです。

その他。

救命の現状をなかなかリアルに見れる事が無いものです。復帰から現状を目の当たりにした時に患者からは何をしなければいけないのかがかなり考えさせる事にもなってくるものです。なかなかこの両方の考え方においても見てて分かるものです。議員が入院した中で緊急事態になった時程本性が露呈に出てくるのも嫌味にも感じてしまうのも同時に沸いてしまうものです。それに緊急事態に関しても独自のやり方で対処してしまう所にもかなり納得してしまうのも分かるものです。