大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

スポンサーリンク

THE COMIQ-ザ コミック(高橋和希)「背景アシが刑務作業の推理漫画」最終回の感想思い出【2018年46号から2018年52号に短期集中連載】ジャンプ漫画振り返り。

主人公が少女漫画家。少女ジャンプ。

いわゆるレジェンド作家の短期集中連載。

コミックスのセールスがどうだったかは分からないけど、打ち切り、長期連載という呪縛がない連載形態は、良いと思う。

ただ、コミックスが売れなかったら成立しないだろうな。この記事を書いている2020年の段階では、あんまりそういう動きになっていない。

背景アシが刑務作業の推理漫画。

ザ コミックは、推理漫画ですが、一番大きなフィクションの部分は「刑務作業に漫画家アシスタント」というのがあり、服役中の人物と、主人公(漫画家)が刑務所から送ってこられる漫画の背景データの中でメッセージをやりとりするという部分にあります。

冤罪で服役した少年が、真実を訴えるメッセージを主人公が受け取って、過去に起きた殺人事件の真相に迫っていく感じ。作中で漫画家による作画生配信があったり、ITテクノロジーにも迫った感じ。

短期集中連載という枠の中で、常に「来週が気になる」という緊張感が生まれ続けたのは良かったと思います。ただ、一つ惜しまれるのは、推理漫画という特性上、「何度も読んでも楽しい」という感じではないかもしれない部分。

しかし、最終回に向けて高まるヴォルテージと、カタルシスにあふるるシーンもあり、連載当時、熱い気持ちになったことも、また覚えております。

高橋和希ファンは、読んで損のない名作だと思います。

最終回の感想。

FRID。マイクロチップ。今回で最終回だけど、全部の話の説明はつくのだろうか…?事件の真相が書かれていた絵。真犯人がデブである示唆はされていたが…。
THE COMIQ-ザ・コミック最終回7話・よしお×ルミン回(高橋和希)確定ネタバレ注意!短期集中連載も良いもんだ(´;ω;`)ジャンプ感想52号2018年7

ジャンプ感想ブログのカテゴリは以下から。

THE COMIQ-ザ コミック(高橋和希)・ジャンプ感想を書く!劇団ヤルキメデス超外伝

各話の感想を書いてたんですよ。