大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

2017年のM-1グランプリの感想まとめ「ジャルジャルのネタは天才的だと思いました」。

感想まとめ。

募ったテレビの感想で、M1の感想が多かったので、まとめて紹介しようと思っていたのですが、年があけてました。あけましておめでとうございます。

M-1グランプリ 2017 2017年12月3日

今年のM-1の決勝は本当に面白かったです。まずは全10組のレベルの高さに驚きました。
もちろん10組すべてを知っていたわけではありません。
ネタを見たことがあるコンビ、名前だけ知ってるけどネタは見たことがないコンビ、名前もネタも全然知らないコンビ、様々でした。
今回から敗者復活組が最終ではなく、全組混ぜてくじで順番を決めるというルールに変わっていました。
このルールはなかなか残酷だと思いました。当事者でない私でさえも「次はどのコンビだろ」とハラハラドキドキが相当でしたので、
当事者の彼らの心臓は凄まじかっただろうと容易に想像できます。
最終決戦には3組しか行けませんが、4位だったコンビとの差はほとんどなかったように思います。
最後の3組の漫才は決勝にふさわしく、どのコンビが勝つかわからなかったし、どのコンビが勝っても納得でした。
年末にとても面白いものを見せてもらって、楽しいひとときでした。

M-1グランプリ2017の決勝

12月3日に生放送されたM-1グランプリ決勝を見ました。参加エントリー4000組以上が参加する中選ばれた9組+敗者復活1組の最高峰の漫才が見れる毎年恒例の大会です。お笑いファンとしては1年に1度のお祭りだと思います。これは披露される漫才が面白いのはもちろんですが漫才以外の部分も面白いと思いました。漫才以外での芸人さんのコメントだったり、審査員のボケだったり、司会の今田耕司さんまで含めて全部面白かったです。個人的にはキングオブコント王者のかまいたちさんを応援してましたが惜しくも4位でした。漫才でもいろんな種類のネタがあって芸人さんの発想はすごいと思いました。特にジャルジャルのネタは天才的だと思いました。しかし、そのジャルジャルでも敗退してしまい、悔しそうな表情が印象に残りました。芸人さんは負けても悔しさを隠してコメントでボケたりするあたりプロだと思っていましたが、ジャルジャルみたいに悔しさを出すのもプロらしいとも思いました。ずっと面白かったので満足です。また来年も楽しみにしています。

M1グランプリ2017 放送日時2017/12/03 18:57~

たいしてお笑いに関心があるにも関わらず毎年見てしまうM1グランプリ。今年は一番しっかり見たかもしれないです。結成15年以内のコンビでないと参加できないのですよね。確か以前は10年以内だったと記憶していますが、M1グランプリが再開された時に規程が変更になったと記憶しています。優勝はとろサーモンでした。今年がラストチャンスとのことでしたので、優勝良かったですよね。しかし、和牛を応援していた私は、少々残念でしたが。でも。今年は全体的に皆さん面白かったですよ。一組、上沼恵美子さんに酷評されていましたが(笑)。漫才も面白かったですが、上沼さんの登場の際のコメントから笑わせてもらいました。7人審査員の方がいましたが、審査員っぽいと思うなあって納得するのが私は上沼さんとオール巨人さんと松本さんだったので、この3人の方が最後和牛に投票していたので、優勝はできなかったけれど評価されてるじゃんって思って見ていました。「ミキ」ってあの上岡龍太郎さんの甥御さんらしいですよね。初めてネタを見ました。あと嫌いだったジャルジャルでしたが、今回意外にも面白かったですし、真剣さが伝わってきて応援したくなってしまいました。この大会にかける思いが伝わりましたもの。それと、全く知らなかった「ゆにばーす」というコンビ、面白かったですよ。トップバッターでなければもっと点が出ていたのだろうにとは思います。敗者復活のコンビがハンデとしてトップバッターにすれば一番公平な気もしますが。それにしても漫才っておもしろいじゃんって思わせてくれるM1グランプリ、今年は特に楽しかったです。来年こそは和牛の優勝を期待しています。