大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~:最終回・結末の感想あらすじ「紺野裕太(草なぎ剛)、沢村瑞希(水川あさみ)、下田健太郎(八乙女光)、谷口篤志(桐山漣)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

脱サラして医師になった人物の内容にもなってくるものですが医療の根本的な部分が見える内容でもあるのです。それに患者視点にも近い感覚で見れるのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

37歳で勤務していた会社を辞めて医師になった裕太でもあるのです。しかし一般的には唖然とする所も見えてしまうのですが果たして大学病院の常識を理解するかカギにもなってくるものです。企業での考えがメインとなっている紺野医師でもあるのですが周囲の反対にもめげないのが凄いと感じるものです。

思い出深いエピソード

研修医達において理不尽な事が多い大学病院でもあるのですが逆に大学病院ならではの基本的な所を身に染みて教えられるのが印象的でもあるのですが逆に「医師」がえらいのが時には唖然とするのも納得してしまうのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

紺野裕太(草なぎ剛)、沢村瑞希(水川あさみ)、下田健太郎(八乙女光)、谷口篤志(桐山漣)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

紺野医師に恋人がいたのですがその方が入院している事で普通であれば傍にいなければいけない状態でもある様に思えるのですが逆に仕事を優先してしまった事で空気がかなり変わってしまうのです。一生懸命にしなければいけない気持ちには分かるものですが逆に何が大切にしなければいけないのかがかなり考えさせる事にもなってくるものです。

おすすめ。

研修医においてはかなり理不尽にも感じてしまうのがあるのです。大学病院の習性が目につきやすいのもどこか直ぐに分かってしまうものですしそれを変えようとしないのが時には良いものではないかと思うのです。一途に努力を重ねようとする気持ちには分かるのですがやはり何が一番大切にしなければいけないのが伝わる感覚にもなってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

初めこの作品を拝見した時にはかなり色濃い内容になってくるのではないかと感じました。しかし研修医としての視点だけでなくいかに患者さんの事を考えているかがかなり共感出来るものです。それに紺野医師に関しては企業に勤めているからこその意見をそのままぶつけようとするのはかなり凄いと感じました。なかなかストレートに言えるのは出来ないのが大前提でもありますし大学病院の変わらなければいけないのが結構印象にも残るものでした。

その他。

作品内でもある「普通の生活」とあるのですがやはり疾患を患ってしまうとどうしても制限を掛けてしまう所もあるものです。ですが家族の視点になってくるとどの様にしたら良いのか考えてしまうのです。どこか憧れてしまう所もあるのが印象に残るものですし考えてしまうのです。