大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

なるようになるさ:最終回・結末の感想あらすじ「長島大悟(舘ひろし)、長島綾(浅野温子)、西木邦(泉ピン子)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

母親業から解放された綾でもあるのですが自宅をリフォームをして「レストラン」を開業しようとするのですがこの事から家族を巻き込んでいろんなドラマが発生しようとするのです。そこからどの様なドラマになってくるかが見物にもなってくるのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

レストラン開業となった綾でもあるのですが周囲の反対にも聞き入れないものですがそこからの関わって行こうとする人物がどの様に変化が伴ってくるのであるかかなり見物でもあるものです。それに大悟が外部からどの様に関わろうとするか見物にもなってくる。

思い出深いエピソード

昇の過去について知れてしまった事で全員の空気が一変するのです。大悟は思いやりの言葉で話してしまうのですが逆に囚われてしまうのです。しかし人生は自分自身で決めなければいけない事を悟らせようとするのが印象的でもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

長島大悟(舘ひろし)、長島綾(浅野温子)、西木邦(泉ピン子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

何となく進んで行こうとする物語でもあるのですが働きながら何かを決断する勇気を持たせようとする姿には感銘するのです。それにカフェ綾において継続するかの意気込みについても注目してしまうのです。それに私自身においては「あれっ!?」と感じさせながらも好展開に繋がってくるワクワクする感覚にもなってくるのが良いものです。

おすすめ。

大悟に関しては商社マンとして勤務しているのですがどこか素直になれない所があるものです。しかし「仕事」としての意見がメインとしてなってくる反面綾としては一般的な言葉として考えさせる気持ちにさせてくれるのが納得してしまうものです。それにこの作品においては「なるようになるさ」と言う場面が結構あるので見てても納得してしまうのも分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

紆余曲折がある中での物語が進んで行こうとするのですがくじけてしまいがちであった人生でもあるのですが新たな一歩を踏み出そうとする場面には納得してしまうのも分かるのではないかと感じるものです。それに夫婦ならではの考え方にもどこか教えて貰っている様にも思うのです。

その他。

序盤は結婚式から始まったのですがどこか面白くない表情を見せる大悟でもあるのです。それに伴って綾にこれからのプランを伝えるのですがどこか隠しているのが気になってくるのですがどの様になってくるか見物にもなってくるものです。レストランだけでなくとも人間関係においてもどの様にしたら良いのかが考えさせる事にもなってくるのが分かる内容にもなってくるものです。