大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

A LIFE~愛しき人~:最終回・結末の感想あらすじ「沖田一光(木村拓哉)、羽村圭吾(及川光博)、檀上深冬(竹内結子)、檀上壮大(浅野忠信)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回は「医師」「家族」の両方の葛藤が描かれているのです。その中でも何が大切にしなければいけないのかがかなりリアルに描かれているので見入ってしまう所も多々あるものです。沖田一光役の木村拓哉さんにおいては医師以上の何かを訴える印象にも注目しながら見ていける内容にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

シアトルで外科医として勤務しているのが「沖田医師」ですが院長が心疾患でかつての病院に戻る事にもなってくるのです。しかし同僚達においてはよく思われていない事で単独での行動にもなってしまうのですがオペの手腕を見て変わろうとするのです。果たして沖田医師は運命を変える事が出来るのか注目するのです。

思い出深いエピソード

美冬医師が頭痛を発症してしまう所から始まってしまうのですが身内が次々と不運に見舞われるのです。しかし沖田医師においては常に真っすぐな気持ちになっているのが分かるものです。医師としての気持ちには共感出来るのですが果たして自身の事になってくるとどの様になってくるのかが気になってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

沖田一光(木村拓哉)、羽村圭吾(及川光博)、檀上深冬(竹内結子)、檀上壮大(浅野忠信)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

本当に大切な物が何であるのかがかなり考えさせる事にもなってくるものです。それぞれの人物達の視点で見れた事でドラマのタイトルに因んだ事にもなってくるのが印象的でもあるものです。なかなかいろんな意味に投げかけるのではないかと思うのです。

おすすめ。

医師においてはメインとなってくるのが「患者」「疾患」「治療」となってくるのですがそれに伴って時にはジレンマとなってくるのが印象的でもあるものです。それに自身が優先順位がどの様にすれば良いのかがかなり連続で気になってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

数多くの医療ドラマを見ているとこれほど「何が大切」なのかがかなり印象に残りやすい作品でもあるのです。「治療」がメインとなってくる作品が多くあるのですが全てにおいて投げかける様な印象を齎すのが何なのかが伝わるものです。それに「医師」「経営者」としての両方の天秤にかけている中でのジレンマにおいてもかなりリアルに描かれているのが印象的でもあるものです。

その他。

初めこの作品のPRを見た時には驚きが隠せないものでした。しかし作品を拝見してからは医師としての気持ちだけでなく何を大切にしなければいけないのかが毎回の放送を通じて投げかける印象にも思えるものです。なかなか医療においては視点を変えると見方にも多少なりとも変化が出やすいのではないかと感じてしまうものです。