大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ナースマン:最終回・結末の感想あらすじ「高沢裕次郎(松岡昌宏)、坂口美和(安部なつみ)、東芳江(小林聡美)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

新人看護師時代において誰もが経験するであろうとするものですが逆に経験したからこそ見える部分があるものです。それに命の尊さに関してもかなり見物にもなってくるものです。ドジばかりでもある裕次郎でしたが時には主任達の気持ちを知る事で素直になろうとする気配にもかなり見物でもあるのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

新人看護師として「高沢裕次郎」が外科病棟に勤務する事にもなったのです。しかし勤務している病院では男性看護師の採用枠は「1人」ですがその中でどの様な視点を見せるかがかなり見物にもなってくるものです。それに身内の事を敢えて隠そうとする裕次郎の心理面にも見入ってしまうのではないかと感じるものです。

思い出深いエピソード

患者の「坂口美和」が抱える疾患は並大抵の気持ちでない事には向き合う事は出来ないものです。しかし高沢においては看護師としての本音をキチンと言いだそうとする姿にはかなり感激するものです。それに主任においても家族や看護師としての気持ちにおいてかなり切ない所にもなってくるのが印象的にもなるものです。やはり好きであるからこそ辞めることが出来ないのが分かるものですし家族の協力が無い事には看護師としての気力にも繋がってくるのではないかと思うのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

高沢裕次郎(松岡昌宏)、坂口美和(安部なつみ)、東芳江(小林聡美)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回では状態悪化してしまった坂口さんの事で手術をする事にもなったのです。しかし高沢においては患者さんに気持ちが移行しすぎる事で出入り禁止にもなってしまうのですが本当の意味で治療に向き合おうとする気持ちに関してはかなり感激するものでした。

おすすめ。

「看護婦」「看護士」の時の話になってくるのですが新人看護師としての気持ちにおいてもかなり注目するのです。紆余曲折のある中で成長過程においてもかなり見所満載にもなるのですし看護師ならではの苦労話においても見物にもなってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

看護師として新卒としての気持ちにもかなり賛否両論が出てくる内容にもなってくるのではないかと感じるものです。それに男性視点や女性視点での見方などにもかなり違ってくるのではないかと思うばかりにもなってくるものです。私自身も新卒の頃を振り返ってみるとかなり共感してしまう所もあるので一概に言えない所もかなりあるものです。

その他。

男性看護師においてはあまり良い様にも思われない中でもあるのですがやはり同性や一途に向き合おうとする事や気持ちの面においてもかなり考えてしまうものです。それに裕次郎においてはかなり頭の回転が速いのもかなり驚くものですがそれに料理が上手でもあるのはかなり注目するべき点でもあるのではないかと思うのでした。