大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

その男 副署長:最終回・結末の感想あらすじ「池永清美(船越英一郎)、佳子(田中美里)、近藤時男(本田博太郎)、平松純平(宇梶剛士)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

この作品については警察の中でもユニーク満載な部分が目白押しにもなってくるものです。舞台は京都ですがその中での葛藤がかなり気がかりにもなってくるのが印象にも残ってくるのが分かるものです。それに署長と副署長の駆け引きの大変さに関しても唖然としてしまうものですがそれをなだめようとする近藤氏においてもなかなか貫禄があるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

河原町署の副署長になった「池永清美」ですがかなりの人物でもあるのですが事件となってくると居ても立っても居られない状況にもなってくるのでかなり慌ただしい内容にもなってくるのです。雑務に追われながらも事件を捜査して行こうとする気持ちに関しては警察官としての根本的な部分を忘れていないのが印象的でもあるものです。

思い出深いエピソード

事件発生してから副署長はあれこれと情報収集しているのが印象的にもなるのです。いよいよ事件の糸口が見つかった時に言い出す言葉に関しては納得してしまうのですがそれ以上に近藤さんが必死にフォローするのは上司だけでなく人間味を帯びているのではないかと感じるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

池永清美(船越英一郎)、佳子(田中美里)、近藤時男(本田博太郎)、平松純平(宇梶剛士)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

難事件にもなりかけてしまうものですが副署長の機転を利かせて解決する事が出来るのはかなり感激してしまうものです。マスコミとのやり取りに関してはかなり卑劣ではないかと思う場面にもなってくるものですし警察官と家族の駆け引きの難しさにおいてしみじみと感じてしまうのです。

おすすめ。

副署長の役割に関してはかなり慎重にならなければいけない所があるのはかなり驚きにもなってくるものです。それに捜査していけないのが見ててかなり関心してしまうものです。やはり副署長の気持ちになってくるとやるせない気持ちになってくるのもかなり納得してしまうのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

警察官として家族から睨まれてしまう場面に関してはかなり慎重になってしまう気迫に関しては納得してしまうのです。警察として考え方にどの様な気持ちになってくるのが痛いくらいにも分かるものです。それに副署長を演じている船越英一郎さんの感情移入に関しても見てて共感出来る内容の連続にもなってくるのが分かるものです。

その他。

副署長を中心に事件の事を探ろうとするのはやはり「刑事魂」があるからこそ真実を突き止める事が出来るのではないかと感じるものです。それに「警察官」「家庭」としての両立の難しさが共感出来るものですし敢えて見てて納得してしまうものです。