大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

サマーレスキュー~天空の診療所~:最終回・結末の感想あらすじ「山岳医療について:速水圭吾(向井理)、速水悦子(中田嘉子)、倉木泰典(時任三郎)、小山遥(尾野真千子)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

山岳医療について描かれているのですがかなりシビアな内容にもなってくる中で「医療人」としての気持ちにもかなり賛否両論が出てくるのではないかと感じるものです。速水医師を取り巻く環境においてはかなり早く進もうとするのが印象的にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

明慶大学病院で医師として勤務している「速水圭吾」ですが若手医師の中では群を抜いてエリート街道まっしぐらでもあるのです。上司の「沢口医師」より凌ヶ岳で山岳医療について学ぶように言われるのですが戸惑いながらもどの様にしなければいけないのか考えさせる内容にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

圭吾の母親が亡くなってしまう話がとても思い出深い内容にもなってくるものです。それまでは四苦八苦しながらも医療について真っ向から向き合っていた圭吾でもあるのですが母親の死と共に医療の事を再度考える様にもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

速水圭吾(向井理)、速水悦子(中田嘉子)、倉木泰典(時任三郎)、小山遥(尾野真千子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回では診療所を閉鎖してしまう事にもなってくるものです。大半は合理化の事ばかりがメインにもなってしまうものですがやはり診療所に関わっている事で考え方や気持ちにおいてもかなり「想い」についても共感出来るのではないかと感じるものです。山岳医療にマイナスのイメージが強かった速水医師でもあるのですが最終的には好意にも変わってしまっているのも驚きになっているのがかなり凄いと感じるばかりもなるのです。

おすすめ。

医療ドラマにおいてはかなりリアルな視点で描かれているものです。やはり一番に感じるのはどこに設置しなければいけないのかがかなり良い聞かされるものです。それに医師が何を大切にしなければいけないのかがかなり訴えさせる事が多いようにも感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

山岳医療においてはなかなか理解出来ない所ばかりが多いものです。しかし最先端医療ばかりが目立つものですが一つずつの積み重ねがある事で本当の大切さが見てて共感出来る所もかなり多くあるのではないかと感じるものです。それにコメディカルスタッフとしての考え方や気持ちにもかなり見てて共感出来るのではないかと思うのです。

その他。

診療所の閉鎖については病院側と真っ向から意見が割れてしまうものです。最初はただ治療に専念しなければいけないもので流されやすい気持ちの連続にもなってくるのですが経験を重ねる事ですっかり進化している様にも感じるものです。それに人との関わりを繋がる事で気持ちやいろいろな視点にも注目出来るのではないかと感じるものです。