大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

チーム・バチスタ4~螺鈿迷宮~:最終回・結末の感想あらすじ「仲村トオル、伊藤淳史、水野美紀、柳葉敏郎・出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回の舞台となってくるのは「碧翠院」でもあるのです。ここでは「終末期医療」の在り方にもなってくるものです。最初から事件の匂いが発生する感覚にもなってくるのが印象的でもあるものです。それに田口医師は患者さんに偏ってしまいがちにも見えるのが気になってくるものです。そこからの展開にもかなり見所満載にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

先に医師として潜入していたのが白鳥圭輔でもあるのです。それに序盤は知らないフリをしている姿に関してはかなり驚くばかりにもなってくるものですし混乱してしまうのですが終末期医療の根底の部分にも触れる事で何かが変わろうとするのかがかなり気がかりにもなってくるものです。

思い出深いエピソード

田口医師においては「教師」の患者と関りにもかなり身近になってくると思いきや患者と珍しく距離を取ろうとするのです。しかし患者の事を知るのはやはり患者である事を思い知らせる事にもなってくるものです。やはり気持ちにおいては一途に向き合おうとするのが大切にもなってくるのが分かるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

白鳥圭輔(仲村トオル)、田口公平(伊藤淳史)、桜宮小百合(水野美紀)、桜宮巌雄(柳葉敏郎)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

終末期医療においてはかなり切ないものです。医療側と家族との想いにおいては何とも言えない連続にもなってくるのです。それに桜宮家において隠したい事を必死に暴こうとするのは切ないものですがこの意味については見る側においてかなり考えさせる事にもなってくるのが印象的にもなってくるものです。

おすすめ。

碧翠院においては終末期医療を展開しているかと思いきや殺人事件が発生してしまうのです。話が進むに連れて事件の核となってくる所が分かってくるのが気になってくるものです。コンビが怒られながらも必死に動いているのが気になってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

終末期医療においては遠ざけたい気持ちになってしまっているのです。しかし敢えて向き合おうとする巌雄先生の気持ちにおいてはかなり共感してしまうのです。医療関係者でなくとも基本的な気持ちには納得してしまうのです。それに巌雄先生自身が必死になる気持ちにおいては誰もが共感出来るのが多いのではないかと思うのです。

その他。

東城医大で左遷されてしまった田口医師でもあるのです。初めは混乱している事で参ってしまいがちでもあるのですがいずれは戻れると信じ込もうとする姿には何とも言えないものです。家族経営している病院でもあるのですが隠されている事を知る事で考え方や気持ちにもかなり変化してしまっているのもかなり納得してしまうのも分かるものです。