大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

チーム・バチスタ~アリアドネの弾丸~:最終回・結末の感想あらすじ「伊藤淳史、仲村トオル、高橋克典、小西真奈美・出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

医療と司法の垣根を超える事が出来るのかがかなり見物にもなってくるものですが事件がある事で両方の考え方にもかなり変わってくるのが印象的でもあるものです。それにこの話では田口先生が活躍いているのが驚くものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

死因究明として挙がったのは「AI」と言うのです。よく死因として使われるのは「心不全」としてあるのですがなかなか納得出来ないものです。東城医大では「AIセンター」が設立しようとする動きがあるのですがこの展開で様々な形で物語を変えようとするのが注目するべき点でもあるものです。

思い出深いエピソード

警察内部においては「北山審議官」の死によってAIセンターの設立に暗雲が立ち込めてしまうのですがそこからさらに過去の事件を遡って展開にもかなり変わってしまうのが見所満載にもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

田口公平(伊藤淳史)、白鳥圭輔(仲村トオル)、斑鳩芳正(高橋克典)、笹井スミレ(小西真奈美)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

宇佐美刑事が独自に事件を追っている中で確信を持って追いかけようとするのですが不意に負傷を追うのです。しかし病院内で白鳥を初めとして死因究明の事についてまとめようとするのはかなり印象的でもあるのです。それに医療と司法が一致するのではないかと感じるのです。それに「真実」とは何なのかがかなり気がかりにもなってくる中で白鳥の過去を調べられた事でAIに対しての想いがかなり色濃くなっているのもかなり納得してしまうのも分かるものです。

おすすめ。

AIセンターを中心に過去の事件にも発展してしまうのです。しかしその真意においては警察官としての汚点にもなり兼ねない部分もあるのです。やはり捉え方一つでいろいろと変化を伴って来るのではないかと感じるものです。それに警察内部でも因縁が絡んでくるとこじれてしまう事で対立にもなってしまう中で斑鳩がどの様な行動に示そうとするのかが見入ってしまうのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

死因究明については関心が無い事には反応も薄いのではと感じるのです。しかし医療の知識があると無いとでは観察力の高さにも繋がってくるものですし見てても言い方などでかなり唖然としてしまう所にも突っ込みなども入れてしまうのではないかと思うのです。それに最先端とも考えている中で歩み寄る事が出来るのかかなり注目するものです。

その他。

一筋縄ではいかない流れでもあるのです。しかし「AI」「解剖」とかなり険悪にもなってくると思いきや過去の事が絡んでくる事で真実の変わり方においてもかなり激変しやすいものです。それに出演者の中でも過去の事を知れば知るほど何とも言えない感覚にもなってくるのが伝わるものです。