大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

チーム・バチスタ~ジェネラルルージュの凱旋~:最終回・結末の感想あらすじ「伊藤淳史、仲村トオル、西島秀俊出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回の話においては救命センターにスポットを当てる事にもなってくるものです。それを調べるのは「田口」「白鳥」の両コンビですが救命センターにおいて何を大切にしなければいけないのかがかなり気になってくるものです。果たして何について調べて行くのかがかなり見物にもなってくるものです。真相を突き止める事が出来るのかがかなり気になってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

救命センターでは常に原因不明な状態で搬送されてくるのです。それを各科のスペシャリストが意見を持ち合わせようとするのですがハッキリとしない中で常に冷静沈着な速水医師が的確に突っ込もうとするのがかなり見物にもなってくるものです。それに話が進む中で業者との癒着が疑惑されてしまう所もあるのですがその真相にも注目です。

思い出深いエピソード

白鳥と早見が同じ医師であるのがかなり驚くばかりにもなってくるものです。それぞれの道に邁進するきっかけになってくる場面を見た時にはかなり印象が残る事にもなってくるものです。それにジェネラルルージュの意味についてもかなり驚くと共に勇気を貰って来るキッカケがあるのも印象的でもあるのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

田口公平(伊藤淳史)、白鳥圭輔(仲村トオル)、速水晃一(西島秀俊)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回では「大規模火災」が発生するのです。かつてのジェネラルルージュの再来にもなってくるのが分かるものです。それぞれの進むべき道が再度見つかった気持ちにもなってくるのが印象的でもあるのです。なかなか素直になれない二人でもあるのですがキッカケがあればこそ見えるのではないかと思うのです。

おすすめ。

救命センターにおいてはかなり慌ただしい連続にもなってくるものです。しかしその中でもキッチリと原因を究明しようとするのが凄いと思うのですし、それに研修医達も必死について行こうとするのがかなり応援してしまう感覚でもあるのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

院長から救命センターの事を調べる様に告げられるのはかなり意外な感覚にもなってくるものです。一つずついろいろな事を解決しようとするのがかなり納得してしまうのです。それに白鳥と早見医師との繋がりなど様々な点で繋がっているのもかなり印象的でもある内容にもなってくるのです。

その他。

センター長を退いて他の所で勤務しようと噂が広まってしまう速水医師でもあるのです。しかし周囲の説得を一途に聞いているのがかなり気がかりにもなってくるものです。医師としての実力が評価されているのもかなり納得してしまうものです。必死に説得している仲間の声を聞かされている場面については意味合いにもかなり違ってくるものです。