大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

チーム・バチスタの栄光:最終回・結末の感想あらすじ「田口公平(伊藤淳史)、白鳥圭輔(仲村トオル)、桐生恭一(伊原剛志)、鳴海涼(宮川大輔)出演」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

数多くの医療ドラマの中で「バチスタ手術」を取り上げられているのですが今回の話では「術中死」が突如起こるのです。それを調べる事にもなったのですがコンビとして組まれたのが「田口医師」と「白鳥」でもあるのです。果たしてこのコンビが真実を見つける事が出来るのかがかなり見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

東城大学病院ではアメリカから「桐生医師」を招集したのです。バチスタ手術においては名医とも言われて言われているのですが術中死が起こってから原因をハッキリさせる様に院長から言われるのですが果たして真実にたどり着く事が出来るのかがかなり見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

白鳥さんが各スタッフに聞き出す場面においてはかなり感情的になってくる様に仕向けている感覚にもなってくるのがかなり印象的でもあるのです。このやり方に関しては目的を持っているのもかなり驚くばかりにもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

田口公平(伊藤淳史)、白鳥圭輔(仲村トオル)、桐生恭一(伊原剛志)、鳴海涼(宮川大輔)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

栄光の中にもかなり考えさせる事ばかりの連続にもなってくるものです。しかし医療においては患者さんを治療する事は大切な所でもあるのですがそれ以上に医療者の体調管理がキッチリとしなければいけないのも重要でもあるのですがそれ以上にミスした事をキッチリと謝らなければいけないのが大切ではないかと感じるものです。

おすすめ。

ミステリーと思いきや事件となってからはキッチリと思いっきりの良さで展開が変わろうと印象に残るものです。それにコンビとして組んでいるメンツでどの様になってくるのかが賛否両論が出てくるのではないかと感じるものです。それに当事者となりかけてしまうと心情の変化に関してもかなりシビアになりかけてしまうのも見てて実感してしまうのも分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

初めの作品を知る事になった時にはかなり関心が高まってくる内容にもなってくるのです。小説とはまた違った感覚で見れるので普段小説を見ない私自身でも見入ってしまうのも共感出来るのではないかと感じるものです。それにドラマを見ていると関りが無い科でも独自の考え方や観察するポイントが違ってくるので納得してしまうのです。

その他。

初めてこのドラマを拝見した時にはかなり新鮮な感覚で見れるものですが「医療」の中でも俳優さんが気迫や威圧感が満載で見れるものです。しかし芸人が役者として登場するのもかなり意外な感覚で見れてしまうので素直になれないのもわかるのではないかと思うのです。