大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~:最終回・結末の感想あらすじ「大島優子主演・脱退するのもかなり苦労するものです」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

世間一般にはなかなか知る事が無い世界観で見れる内容にもなってくるものですが真実を知る事に注目する事でかなりインパクトが伴ってくるものです。しかしこの中に出てくる人物のアクションにはかなり凄いとしか言えない所もあるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

警視庁内部にある「足抜けコール」ですがそこで勤務している麦秋でもあるのですがどこか単独での行動が目立つものです。しかし他には見せつけないどこか気持ちの面において考えさせる事にもなってくるものです。それに麦秋の生い立ちに関してもかなり切ないばかりにもなってくるのが注目するものです。

思い出深いエピソード

麦秋の生い立ちについてはかなり考えさせるものです。最初はかなり切ないと思うばかりにもなってくると感じるものですがその中で麦秋の気持ちを語られた場面を知る事になってくると協力しようとする気持ちにもなってくるのが分かるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

永光麦秋(大島優子)、三ヶ島翔(北村一樹)、永光遥(本田翼)、永光由美子(名取裕子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

ヤクザにおいては脱退するのもかなり苦労するものです。一般的には信じ難いやり方にもなってくるのですがやはりこのドラマの様な仕組みをもっと幅広く知れれば良いのではないかと感じるものです。それに麦秋の様な悲しい過去を持っているとどの様に救って行かなければならないのかがかなり考えさせる事にもなってくるものです。

おすすめ。

ヤクザの仕組みなどは知る機会が無いものですがマイナスの事ばかりが注目しやすいものです。しかしその中でも「足抜け」の仕組み自体も新鮮に感じられるものですしその立場によっては思わず感じ方にもかなり変わると共に頼ってしまう所もかなりあるものです。しかし麦秋に関しては徹底的にこだわっている所に関してもかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

足抜けをメインとする内容にもなってくるのですがそれ以上に感じてしまうのが「アクション」にも注目してしまうものです。なかなかアイドルがアクションを熟しながら逆の性格にも繋がっているのがかなり魅力を見せつける事にもなってくるのではないかと感じるものです。

その他。

私はこの作品についてはあまり知られていないので見入ってしまうものです。初めは気にしない感覚にもなってくるのですがいざ回数を見る事で不思議と見入ってしまう事で作品の魅力が感じられるものです。それにキャラクターにおいてもかなり無茶苦茶にも感じてしまうのですが逆に人間味を強く出てくるのが共感出来る部分が強く出て見れるのではないかと感じるものです。