大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

医龍4:最終回・結末の感想あらすじ「「桜井院長(平幹二郎)のオペ」ですがこのオペの難易度の高さにはかなり切実」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

医療界においては病院経営に関してかなり難航するばかりでもあるのです。既に世界で活躍している朝田医師達も再度集結する事にもなったのです。桜井病院では閑古鳥の中で四苦八苦しているのですが再集結を誓った事でどの様になってくるか見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

桜井病院では唯一の医師でもある院長が勤務しているのですが閉院の危機に瀕しているのです。それに桜井院長から次期院長として指名されるのです。そこからの理想の病院作りに奔走している姿にはかなり見入ってしまうのです。それに岡村氏の本来の姿や目的に関してはかなり深刻さを増してくる内容にもなるのでこの事に関しては終盤に分かるものです。

思い出深いエピソード

最終回付近では恩師でもある「桜井院長のオペ」ですがこのオペの難易度の高さにはかなり切実な感覚にもなってくるものです。しかし必死に助けようとする朝田医師の気迫にかなり参ってしまうものです。それにコンサルタントの岡村さんでもあるのですが医師を隠しているのがかなり驚くばかりでもあるのですがそれに世界でも有数の脳外科医でもあるのがかなり意外な所もあるのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

朝田龍太郎(坂口憲二)、伊集院登(小池徹平)、桜井修司(平幹二郎)、野口賢雄(岸辺一徳)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

医療は世界に進出するのかがかなり見物にもなってくるのですがやはり一番のカギとなってくるのは「チーム医療」の大切さを考えるものです。しかし医療の仕組み自体を根底から変えなければいけないのではないかと感じるばかりにもなってくるものです。

おすすめ。

L&P病院と連携を組む事になった桜井病院でもあるのですがどこか踏ん切りが付かない所もあるのですが患者さんの為に良い方向に結びつこうとするのが見所にもなってくるのです。それに序盤は岡村氏の思惑に繋がるものですが次第に患者さんの事をメインとして考えて行動に繋がっているのも凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

最先端医療、地域医療とこれほどまでに格差が出てしまうのかと感じてしまうのですがその中でも何が一番に大切と思いながらやっていけるのかがかなりインパクトを与える事にもなってくるものです。それに医師においても「プライド」ばかりが目につきやすいものですが一つ視点を変える事で何かが変わろうとするキッカケになるのがかなり凄いと感じるばかりにもなるのです。

その他。

なかなか素直になれない所が多く感じてしまう場面の連続にもなってくるものですがやはりカギとなってくるのは「患者さんを助けたい」と言う気持ちがあるからこそ張り合いにも変わってくるのではないかと思うのです。