大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

医龍3:最終回・結末の感想あらすじ「黒木医師(遠藤憲一)の過去を知ると想像も絶する感覚にもなってくる」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回のシリーズにおいてカギとなってくるのは「手術」「カテーテル」の治療方法にもなってくるのですがどちらも治療には必要不可欠にもなってくるのですが患者さんにおいては選択肢にも悩ましい所があるものです。医療の発展と共に明真の再起を図るのがかなり見入ってしまうものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

前シリーズでは野口が起こしたスキャンダルによって明真は風前の灯にもなりつつあるのですがその中で就任したのが「鬼頭医師」です。再起プランを提示するのですが果たして上手く行くのかがかなりカギとなってくるものです。

思い出深いエピソード

初めに「荒瀬医師」が倒れてしまったのですが「朝田」に手術を依頼した藤吉医師でもあるのですが同時オペに入ってしまう事で四苦八苦してしまうのです。何とか持たせるように告げる朝田医師でもあるのですがそれをカテーテルであっという間に治療してしまう黒木医師です。そこからのお互いの関りに関してもかなり見物にもなってくるのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

朝田龍太郎(坂口憲二)、伊集院登(小池徹平)、黒木慶次郎(遠藤憲一)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終回を拝見するとかなり切ない感覚にもなってくるのです。黒木医師の過去を知ると想像も絶する感覚にもなってくるのですがどこか医療を恨んでいるのではないかと感じてしまう所もあるものです。しかし最後に朝田医師を信頼出来た事で友人を助ける決意が出来た事、昔の医療を取り戻すキッカケにもなってくるのが印象的でもあるのも伝わるものです。

おすすめ。

「オペ」「カテーテル医療」とどちらも遜色無いようにも思えるものです。しかし患者さんにおいてどちらが良いのかは分からないものです。序盤ではカテーテル治療の良さばかりが目立つものですが本来の意味を持って説明をする事でまた違ってくるのではないかと感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

このシリーズを拝見していると明真の立て直しがメインにもなってくるですがそれを策略に使われるのは何とも言えない感覚にもなってくるのですがやはりぶれないのは最後まで患者さんの事をメインに考えて最善の配慮をしなければいけない事をカギとなってくるのが伝わるものです。

その他。

難手術を幾度となく成功に導いた朝田医師でもあるのですがオペの事ならば絶対の自信があるのですがカテーテルの目の前にした時の明らかな表情の違いを見せつけようとするのは何とも言えない感覚にもなるものです。しかし朝田医師においては伊集院医師の事をキチンと考えている場面にはかなり感激するものです。初めは伊集院医師自身見放されている感覚にもなってくるのがあるのですがここで真実を知る事になってくるのが朝田医師の存在の大きさにも見物であるのです。