読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

HERO-ヒーロー:最終回・結末の感想あらすじ「木村拓哉、松たか子、角野卓三、児玉清、田中要次出演・シリーズに関しては色濃い内容の連続にもなってくる」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

木村拓哉演じる「久留生検事」ですがかなり型破りな人物でもあるのですがそれだけでなく常に「真実」を常に追求する事に関してはかなり見物満載にもなってくるものです。周囲の人物達にも初めはかなり振り回されてしまうのですが事件の真実を追求する事で視点にもかなり変わってしまうのが分かるものです。それに「雨宮事務次官」ですが久留生検事とのやり取りにもかなり変化が出やすいものです。それに仕事だけでなくいろんな視点で見れるのでどの様な形になってくるのかがかなりワクワクしながら見れるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

この作品においては検察にスポットを当てるないようにもなるのですがその中でも型破りな検事が登場するのです。初めは「城西支部」のメンバーにはかなり驚くばかりでもあるのですが事件を通じて様々な観点で考え方にもかなり変化しやすいのです。それに事件を熟す事で久留生検事と言う視点にも人物にかなり共感してしまう所もあるのです。

思い出深いエピソード

久留生検事は被疑者と向き合っている時にはキッチリと面を向かい合う形で真実を告げる事を言うのです。なかなか上手く行かない様にも感じるのですがその中でもそれぞれの検事は独自のやり方で追い込もうとするのですがその行程においてはどの話においても感慨深い内容にもなるものです。やはり事件においては「真実」を追求したい思いにもかなり納得してしまうのです。しかしこのドラマを拝見する事で考え方や視点においてはかなり賛否両論が出てしまうのも必須ではないかと感じるものです。なかなか素直に言えない所もあるのではないかと思うのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

久留生公平(木村拓哉)、雨宮舞子(松たか子)、牛丸豊検事(角野卓三)、鍋島利光次席検事(児玉清)、マスター(田中要次)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

このシリーズに関しては色濃い内容の連続にもなってくるものです。ドラマにおいても検察については知らない事ばかりでもあるのですが敢えて素人目線で見れると感情移入にもしやすいのがあるものです。それにメインとなってくる人物以外にも驚きの人物が登場するのが驚くものでした。

おすすめ。

初めてこの作品について拝見した時にはかなり驚きがメインにもなってくるのです。やはり事件において被害者視点になってくると有耶無耶になってしまう所にもなってくるので気持ちの面においても検察官がかなり追い込んで聞いてくれるのが納得してしまうのが印象的でもあるのです。それに久留生検事を見ているとそれぞれの立場になっていると考え方にもかなり変化が出やすいのではないかと思うのです。最初にはマイナスの考え方になってても真実を知りたいという気持ちには誰もが納得してしまうのが共感出来るものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

ドラマを拝見すると最初は「あれっ!?」と感じてしまう所があるものです。しかし久留生検事の型破りなスタンスなどを拝見していると常識に考えれば唖然としてしまう所も結構あるものですが「行程」が一番の大切な部分にもなるのではないかと感じるものでした。なかなか素直に行かないからこそ真実を追いかけようとする意気込みにも共感出来るのではないかと思うのです。それにエンディングテーマにおいてもかなり新鮮さを持って聞き入れる曲にもなるのでインパクトが与えるキッカケにもなってくるのです。

その他。

マスターが登場するシーンにおいてはかなり口癖にもなってくるのが「あるよ!」と言うのです。私自身もこのシーンにおいては「こんな物まで出るの?」と思わず突っ込んでしまうものでした。料理だけでなく通販のグッズまで出てくるのはかなり驚くばかりにもなってくるのですがそれ以上にオフであるからこそ検察官と事務官とのやり取りにも深みが増してくるのも見入ってしまう所もあるものです。