大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

コウノドリ:最終回・結末の感想あらすじ「綾野剛、松岡茉優、星野源、平山祐介出演・産科医療には無限の広がりを見せる事にもなってくるのです」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

産科医療においてかなり緊急事態の連続にもなってくるのですがその中でも生命の誕生にはかなり感激するのです。しかしそれに伴って「出産」だけでなくとも妊娠に伴って心理面にもかなり見てても思わず納得してしまう所もあるので納得してしまうものです。それによっては逆の考え方にもかなり切ない部分がかなり見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

産科においては何が起きても不思議ではないものです。一番になってくるのは「生命の誕生」がメインにもなってくるのですがそこまでの経過には人並み以上にも強い感覚にもなってくるのが印象的でもあるのです。それに「妊婦」での視点で見る事によって様々な形で「課題」など様々な形で浮彫にもなってくるものですし、これからの産科医療にも少なからず影響にも齎す事にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

四宮先生が受け持った患者が緊急オペをする事にもなったのです。前半では過去に何かがあったと回想のシーンがあったのですがやはりトラウマとなってからの後半で分かるのかがかなり見物にもなってくるものです。サクラと必死に言い合う場面においては何とも言えない所があるのですがやはり患者さんの事をメインに考えている事が伝わる内容にもなってくるものです。医療においては「絶対」と言う事は無いのですがやはりこの産科においては「奇跡」が一番に願ってしまう気持ちにもなってしまうのが誰もが感じてしまうのではないかと思うのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

鴻鳥サクラ(綾野剛)、下屋加江(松岡茉優)、四宮春樹(星野源)、加瀬宏(平山祐介)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

産科医療には無限の広がりを見せる事にもなってくるのですがその中でもスタッフや妊婦さんにおいて各段に期待感を齎せる事にもなってくるのですがそれ以前にキチンと決まりを守って行かなければならないのも納得してしまうものです。普通であれば産科においては自身で決断しなければ持たないのではないかと感じるばかりにもなってくるものです。

おすすめ。

産科医療にはなかなか知らない所も多いものです。以前にも違ったドラマがあるのですがより患者さんに近い内容にもなってくるのが印象的でもあるものです。この作品においては漫画とまた違った感覚で見れる内容にもなってくるので男性や産科医療に余り関与していない方でも見入ってしまう内容にもなってくるのではないかと感じるものです。それに子供を持つ事で親になる意義に関してもかなり考えさせる事にもなってくるのが分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

周産期医療においてはかなりシビアな内容にもなってくるものです。これからの医療にもかなり課題が残ってしまう内容でもあるのではないかと思うのです。しかし産科においてはまだまだ課題が多い中でどの様に広めて行ければ良いのかかなり考えさせるものです。それに研修医としての立場においても苦労がある中でどの様な気持ちになっているのかがかなり納得してしまう所もあるものです。

その他。

妊婦においてはかなり考えさせる事ばかりにもなってくるものです。妊娠においてはよく言われるのは「自己責任」とも言われがちでもあるのですがやはりお互いがキチンと理解しあっていかなければいけないのではないかと感じるものです。それに妊婦さんは医療者側からいろいろと指導してても守って頂けない事には気持ちの面にも切ない感覚にもなってくるものです。四宮先生の過去に触れる場面では見る側にもかなり説得力を齎す事にもなってくるものです。医師においても考えさせられる事ばかりに注目されがちでもあるので何とも言えない感覚にもなるものです。それに四宮先生の役が星野源さんであるとかなり似合っているのが実感として感じるものです。徹底的な役作りをしているのが共感出来るものです。