読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

DOCTORS-ドクターズ3 最強の名医:最終回・結末の感想あらすじ「病院では買収を回避する事が出来て一安心するものです」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

この作品についても第3弾を見る事にもなったのですが回数を重ねる事でかなり面白く見れる内容にもなってくるものです。このシリーズではようやく実現となった院長のバカンスを楽しめる事にもなったのですがその間に堂上病院においてはかなり酷い事が起きようとするのです。そこからの連続したピンチにもどの様に切り抜けて行こうとするのかが注目するべき点でもあるのです。
その中でもピンチになってくる時に登場するのが相楽医師でもあるのです。他のスタッフ達においてはどの様な形になろうとするのかが見物にもなってくるものです。それに宮部看護師においても「看護師」「女心」揺れ動いている面にも注目するものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

序盤では世代交代をする事がメインとなってくるのですが「院長代理」となった森山医師のワンマンぶりがかなりマイナスの印象にもなってくるのが印象的にもなってくるものです。なかなかここまでリアルに描かれている事で心理面にもかなり変化が出てしまうものです。それにバカンスから帰ってきた院長の申し訳ないばかりですがそこからどの様になっていくのかが見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

院長代理となった森山医師でもあるのですがどこか医療とはかけ離れてしまっている感覚にも見れるものです。普通であれば治療をキチンと熟す事がメインとなってくるのですが逆に「リスク」をメインとするのは患者視点からすればマイナスにもとらわれてしまうのもかなり納得してしまうのです。それに相楽医師において素直になれば良いのにも関わらず敢えて孤立してしまう道に関してはかなりマイナスにも感じるものです。なかなかこの内容に関してはかなり切ない感覚にもなるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

相楽浩介(沢村一樹)、森山卓(高嶋政伸)、皆川和枝(伊藤蘭)、堂上たまき(野際陽子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

病院では買収を回避する事が出来て一安心するものです。しかし「信頼」「絆」とは紙一重であるのがかなり印象にも残るものですし直ぐに崩れてしまうのが分かるものです。なかなか素直になれなく大変ばかりにもなりやすいものですがやはり医療においてはきちんとする事で己自身に返ってくるのも身に染みる内容にもなってくるのです。

おすすめ。

危機感を煽るのは相楽医師であるからこそ出来るのではないかと感じるものです。普通であればなかなかここまで出来るのは少ないものですし出来ないのが素直に感じたのではないかと思うのです。やはり相楽医師には凄いと感じるものです。時と場合にもよってこの「危機感」がチーム内や病院内にもかなり良い雰囲気にも繋がっていけるのが印象的でもあるものです。やり方においては極端な感覚にもなってくるのですが逆に「まとまり」と言う観点にはかなり共感出来るのではないかと感じるものです。個人的にはこの作品の続きがあれば良いのではないかと感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

相楽医師においては「スーパードクター」として活躍するのもかなり良い所が満載にもなってくるものです。それに医療に対して一生懸命に向き合っているからこそ患者さんやスタッフからも信頼を得る事が出来るのも分かるものです。医療ドラマを見ててこの内容においては医療の良い所を考えさせるばかりにもなってくるのです。そこで自身の振り返りにも繋がる内容ばかりでもあるので注意しなければいけない感覚にもなってくるものです。

その他。

病院を買収する事にはなかなか無い事にもなってくるのですが森山医師においては己自身の欲求をメインとして考えているのがかなり切ない事にもなってくるものです。しかし相楽医師においては全てお見通しにもなっているのがかなり印象的にもなってくるものです。やはり相楽医師においては医師だけでなくとも医療とは何なのかが考えさせる事ばかりにもなってくるものです。