大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ドクターズ・DOCTORS2 最強の名医:最終回・結末の感想あらすじ「オペを成功する事にもなって堂上病院内ではかなり士気が高まってくる雰囲気」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

生体肝移植をしてからはや何年か経過してからの話にもなってくるのですがひと段落とはいかない堂上総合病院でもあるのですが相楽医師を中心としてどの様に変わろうとするのかも引き続き見物にもなってくるものです。それに院長の交代を告げた事で病院内においてどの様な形で変わろうとするのかがかなり見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

院長が後継者として「森山医師」を指名しようとするのですが周囲は大反対するのです。森山医師を中心としたメンツは舞い上がってしまうのですがそこからの相楽医師においてどの様な形で変化を齎そうとするのかが注目するものです。やはり森山医師の後継者に関しては周囲にもかなりインパクトを与えるキッカケにも繋がってくるのが驚くばかりにもなってくるものです。それに最後には最大限の目玉となる部分が見れるのでかなり関心が高まってくるものです。

思い出深いエピソード

西都大学病院との合同オペをする事になった話を森山医師達に話すのです。もとよりオペをする事には反対意見をしていた中で必死に説得するのは印象的にもなってくるものです。松田学長の思惑があるのですが知っているとそうでないとではかなり見方にもかわってくるのがあるものです。それに堂上病院内においてもやはりカギとなってくるのは相楽医師がメインとなって変えようとするのが一番ではないかと感じるばかりにもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

相楽浩介(沢村一樹)、森山卓(高嶋政伸)、皆川和枝(伊藤蘭)、堂上たまき(野際陽子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

オペを成功する事にもなって堂上病院内ではかなり士気が高まってくる雰囲気にもなってくるものです。しかし医療においては患者さんから「ありがとう」と言われる事が一番にもなってくるのがカギでもあるのです。それに堂上内でも院長を継続しようとする勢いがそのまま出てくるのも見てて共感出来る内容にもなってくるのが分かるものです。院長の想いにおいては森山医師になかなか伝わらないのが見てても分かるのですがこれからの作品で果たして理解してくれるのかがかなり興味が出てしまう内容にもなるものです。

おすすめ。

一度は難易度が高いオペをした事で士気が高まった状態でもあるのですが「院長交代」の事でかなり激変する内容にもなってくるのですが相楽医師においては「クーデター」を元にいろいろと変えようとするのは見入ってしまうものです。それに一生懸命に患者さんとの関わってくる場面においては医療の根底にも繋がってくるのですがその後の経過についてもかなり納得してしまう所もあるのではないかと感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

この時に感じたのは「改革」がメインとなってくると感じたのですが相楽医師においては人知れず変えようとする事で「亡妻」との約束を果たそうとする感覚にもどこか共感してしまう感覚にもなってくるものです。それに治療のさ中でも他の医師達が匙を投げる所でもあるのですが必死に向き合ってくれると患者さんにおいても気持ちの面がかなり変わろうとするのが分かるものです。

その他。

相楽医師がまさかの院長になる事を告げるのは驚くばかりにもなってくるものです。しかし本意については知る事でどこか納得してしまう部分もあるのではないかと感じるものです。それに相楽医師においてはレベルアップをさせようと根回ししている事にはかなり凄いとしか言えないものですしなかなか細かな気配りにもなっているのが分かるものです。それに宮部看護師においても相楽医師に想いを寄せているのが分かるのですがどこか決断しきれていない部分にも注目しながら見れるものです。それに医師としての視点がメインとなってくるのですが逆に看護師としての気持ちに関してもかなり高まってくる内容にもなってくるものです。