読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

DOCTORS 最強の名医:最終回・結末の感想あらすじ「沢村一樹、高嶋政伸、伊藤蘭、野際陽子出演・森山医師、相楽医師には勝てないのが見物」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

赤字経営になっている病院を現場を通じてどの様な形での改善していこうとするのかがかなり見物にもなってくるものです。堂上院長は後継者に森山医師を考えているのですがワンマンであることでなかなか一筋縄ではいかないものです。その中で相良先生の登場ですがどの様に手腕を発揮していくのか注目の連続にもなってくるのですし「表裏」の両面を見る事でいろいろと変わろうとするのも見物になってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

最初の話では「人形焼き」を食べている所から始まるのです。一瞬「あれっ!?」と思うのですが職場に持って行く事を決断するのです。初めは格安で契約する事になった相楽医師でもあるのですがそこからの立て直しには院内においてもかなり驚くばかりにもなってくるものです。相楽医師においてしたたかな所があれば良い方向に向かって行こうとする勢いにもかなり見入ってしまう所にもなってくるものです。医師同士においてもなかなか改革を進めようとする相楽医師にはかなり見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

初めは相楽医師においては孤立されていたのですが皆川医師や宮部看護師との関りを持つ事で確実な仕組みを作るものです。最終話付近で相楽医師が体調が崩す事にもなるのです。それに密かに検査を受ける事にもなるのですが結果「胃がんのステージ2」が発覚するのです。かつての仲間はすぐに手術を進めようとするのですが敢えて堂上での手術を相楽は決意するのです。この真意についてはかなり重みがある内容にもなってくるものですし、なかなかこの決意をするのは勇気がいるのも共感出来るものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

相良浩介(沢村一樹)、森山卓(高嶋政伸)、皆川和枝(伊藤蘭)、堂上たまき(野際陽子)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

医療においてメインとなってくるのが誰になってくるのかが考えさせる事にもなってくるものです。初めはこの作品においても「医師」がメインとなってくるのですが逆に医療の根底を見直す事にもなってくるので振り返りをするキッカケを掴む事にもなってくるものです。なかなか素直になれない森山医師においても相楽医師には勝てないのが見物にもなってくるものです。やはり良い病院になってくるきっかけになってくるのは少しのキッカケで変わろうとするのかが驚くばかりにもなってくるものです。

おすすめ。

医師の独裁環境が漂う中で一人の医師が環境を変えようと必死にするのです。常に患者さんの事を考えている事で何かが変わろうとするのが印象的にもなってくるものです。なかなか一筋縄ではいかない事ばかりにもなってくるのですが積み重ねた「信頼」を見える事に繋がってくるのも分かるものです。それに相楽医師においては変化を伴う方法に関してはなかなか一筋縄ではいかないやり方にもなってくるのですがなかなかこのやり方にはかなり関心が高まってくるのも分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

この作品においてはかなり考えさせる事ばかりにもなってくるのです。初めは森山医師達の姿を見るとかなりマイナスの印象が強く感じるものですが相楽医師の登場で劇的に変化を伴ってくるのは見てても好感触にもなってくるものですし的確な改革で病院内が変わろうとするのがかなり好感触にもなってくるものです。ここまでやり手であるのがかなり実感として共感出来るのではないかと感じるものです。

その他。

数多くのドラマを見る事にもなるのですがその中でもこのドラマに関しては改革をメインにもなってくるのです。医師によって独裁的な部分が強く描かれているのですが相楽医師によって職場環境を必死になって変えようとするのも見てて納得してしまうのです。患者だけでなくスタッフもいろいろと変えようとするのはなかなか出来ない事にもなってくるので見入ってしまう点にも連続にもなってくるのではないかと思うのです。