読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

最上の名医:最終回・結末の感想あらすじ「斎藤工、池内博之、泉谷しげる出演・最終的には医療の良さがメインとして書かれているのですが」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想

一言感想

医療ドラマの一つになりますがかなり原作を知っていると違和感の連続にもなってくるのですがその中でも医療スタッフの苦労や悩んでしまう事にもかなり共感出来るものです。内容によっては違和感を考えてしまう所もあるのですし踏み出す一歩を歩んで行こうとするキッカケにもなってくるのではないかと感じるものです。それに登場人物においてはなかなかイメージとは違った役職であったりと雰囲気にもかなり違和感を覚えてくるのでなかなか好感触にもなってくるのが伝わるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

主人公にもなっている命ですが見た目は凄く幼い感覚にもなってくるのですが医療においては人物が変わったかの様な雰囲気に代わり映えにもなってくるのはかなり驚くものです。その中でも個人的には危自身の迫力にもかなり驚くものですが逆に患者さんには優しく見せるのが魅力も変わろうとするものです。それにこの作品においては医療を目指す為に書かれた感覚にもなってくるのが印象的でもあるのではないかと感じるものです。

思い出深いエピソード

医師同士においては時と場合によっては治療方針にもぶつかる機会があるものです。しかしその中でもきちんと一纏めにも出来る診療科になってくるのが印象的にもなってくるものです。最初には医師とは見えない命でもあるのですが必死になって説得する姿には名医と言われるのも分かるものです。危自身の過去についても医師としての気持ちを考えるとかなり納得してしまうのですが周囲の協力が得られないのが時と場合にもよって変わってしまうのが切ない感覚にもなってくるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

西條命(斎藤工)、桐生危(池内博之)、神道医師(泉谷しげる)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

最終的には医療の良さがメインとして書かれているのですが現場で働くとどこか「えっ!?」と感じてしまう所もあるのです。ですがその中でも小児科医療の大変さや苦労の連続に関してもかなり見てて何とも言えない所もあるのですがやはり一番に感じるのは遣り甲斐があるのも実感して見れるのです。それに小児医療の基本的な部分がかなり色濃く描かれてしまっているのが見てても納得してしまうのです。医療においても改めて考えさせるキッカケにもなりますしそれぞれの立場においてもどの回を見ても同様の気持ちにもなってくるのが伝わるものです。

おすすめ。

小児医療の中でも病院経営などいろいろな視点で見れる所があるものです。しかし根本的には患者さんの事をメインに考えると当然にもなってくるのがその中でも何を大切に良いのか見れる作品にもなるものです。小児外科医療に関してはかなりハイリスクにもなり兼ねないものですが一生懸命に向き合う事によって未来が期待してしまうのもかなり共感出来るのではないかと感じるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

原作を見ているとドラマではかなり違和感の連続にもなってくるものです。しかし作品内においても紆余曲折がありながら進んで行こうとするのは好感触にもなってくるものです。それに登場キャラクターに関しても忠実に描かれているのが驚くばかりにもなるのですが見入ってしまう事で共感出来る場面も増えて来るのではないかと感じるものです。私自身も医療ドラマを拝見する機会があるのですがこのドラマ程命において切に考えてしまう場面の連続にもなってくるのがあるのです。

その他。

小児科医療においてはなかなか理解されにくい部分もあるのですがその中でも命の様な医師がいると諦めないという気持ちにもなってくるのが共感出来る場面にもなってくるのがあるのです。医療の根本的な部分は変わらないのがあるものです。それに難しい内容でも命自身は諦めようとしない心意気には家族にも勇気を頂けるものですし安心して任せていけるのも家族の気持ちにも共感出来る内容にもなってくるのではないかと感じるものです。