大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

獣医ドリトル:最終回・結末の感想あらすじ「小栗旬、井上真央、成宮寛貴、石坂浩二出演・獣医師会会長においては「安楽死」がメインにもなってくる」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

獣医にスポットを当てる事にもなってくるのですが世の中においては動物に対しての考え方においてどの様になるのかが印象的な感覚にもなるものです。それに登場人物においてかなり色濃く見れるものです。この作品についてはかなり気持ちの面においても変化が重要にもなるものですし動物の飼う事の重要な部分にも注目しながら見て行けるのではないかと感じるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

動物医療においてスポットを当てる事にもなってくるのですなかなか見る機会が無い為に新鮮さを感じながら見れるものです。獣医師の中でも気持ちの面においてもかなりシビアな内容にもなるのでカギとなるものです。それぞれの分野で花を咲かせている中で登場人物にもなるのが「鳥取健一医師」です。この人物がいつも口癖の様に言っているのは「獣医はビジネスだ!」と言うのですがこの真意においてはどの様になるか注目するべき点でもあるのです。

思い出深いエピソード

作品内ではいろんな動物が登場する事にもなってくるのですがどれもが思い出が濃い感覚にもなるのが伝わるのです。それにドリトル先生が言っていた言葉に関してはかなり納得してしまうものです。なかなか世の中にはおいては動物が弱者である事でいろいろと傷ついてしまうのですがドリトル先生が必死に治療に関わろうとするのが分かるものです。時と場合によってはとらわれ方にもかなり誤解されてしまうのもどこか考えてしまうのですがやはり一番に大切になってくるのは「命」である事にもなるのが分かるのです。それに動物医療においてどの様になプロセスになるか注目するべき点でもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

鳥取健一(小栗旬)、多島あすか(井上真央)、花菱優(成宮寛貴)、富沢教授(石坂浩二)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

獣医師会会長においては「安楽死」がメインにもなってくるのです。しかし飼い主においては最後まで治療に掛けたいという気持ちになろうとするのが印象にもなるのです。しかし獣医師においては時と場合にもよって決断をかなり狭めようとするのがかなり緊張感が見てても感じるものです。それに獣医師に関してはいかに責任の重さがどの職種よりも格段に違ってくる印象にもなってくるのですがそれだけではなく如何に動物との関りを大切にしなければいけないのかが考えさせる事にもなってくるものです。

おすすめ。

ドリトルとあすかとの関りについては序盤から見入ってしまう内容にも感じるものです。それにあすかにおいては動物に一生懸命向かって行こうとする獣医師会においてはかなり勢力図にもかなり唖然としそうな感覚にもなるものです。その中でもドリトル先生に関しては己自身で切り開こうとする気持ちなど好印象にも感じられるものです。やはり医師においてもメンタル面においてもかなり左右されやすいのも伝わるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

このドラマを見ているとかなり考えさせる事ばかりの連続にもなってくるものです。飼い主の事をメインに考える事は当然にもなってくるのですがそれ相応の責任にも見える事で共感してしまう部分もかなり多くあるものです。それに一度失いかけた命に対して飼い主の変化にはかなり見入ってしまう部分も多いものですし「願い」についてもかなり共感出来る場面にも分かるのではないかと感じるものです。

その他。

動物についてはメインとなってくるのが「可愛い」と印象ばかりが目立つものです。それに獣医師に関してはなかなかスポットを当てない限り分かりにくい部分が多いのではないかと思うものです。それにドリトル先生におきましてはキッチリと仕事を熟す反面動物に愛情を極限までに込めようとする姿には共感出来る所もかなりあるのです。この作品については見方次第では捉え方にもかなり変化が伴う事の連続にもなってくるものです。