読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~最終回・結末の感想あらすじ「山下智久、北川景子、金子ノブアキ出演:選手としての葛藤が描かれたりする場面には賛否両論」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

主人公である直輝ですがプロバスケでもある「アークス」に所属しているのですがミニバスや学生バスケではスターでもあるのですがプロ選手としてからは本来の力を出せないままでもあるのです。年俸が下がった事でチームに残留するか考えていた所でしたが説得する事でチームに残留したのです。
新制のチーム体制になってからはどの様な形で物語に影響を齎そうとするのかは見ててもワクワクする感覚にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

直輝は学生バスケの時には実力以上にも出せたのですが逆にプロになってからはどこか迷いながらしてしまうのです。残留した事で調子を取り戻す為には本来の力を取り戻す為の展開や恋物語においていろいろな感覚にもなってくるものです。それに後半に連れて変わっていこうとする姿には期待するのです。それに彼女「菜月」「莉子」や周囲のメンバーとの関り方にもよって反応にもどの様な形になるか見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

序盤では直輝と付き合っていたのは「菜月」でもあるのですがこの人物においては「悪女」にも感じた方も多数いるのではないかと感じるのです。お互いがどこかすれ違ってしまっている所がある事で菜月自身も刺激が足りないとか感覚にもなりがちです。ですが菜月においては己自身の欲求の為に周囲を利用しているのは何とも言えない感覚にもなってくるものですしそれに直面する直輝においては結構可哀想な気持ちにもなってくるのが伝わるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

上矢直輝(山下智久)、白河莉子(北川景子)、代々木廉(金子ノブアキ)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

初めは「友情」がメインにもなってくると感じていたのですが莉子との出会いになってからは展開がガラリと変わろうとするのです。恋愛になってくると「ライバル」にもなりながら目標に向かって行こうとする行程にも見てても素直に感じるものです。選手としての葛藤が描かれたりする場面には賛否両論が出てくるのが見ても飽きが来ない感覚にも思えるものです。何が大切になろうとするのかが一番のカギにもなってくるものです。それに大切に描かれているのが「夢」の諦めない事のカギでもあるようにも思えるものです。

おすすめ。

直輝自身を見ているともっと「やる気」を出して欲しいと思う方も少なからずいるのではないかと感じるものです。しかし選手としての気持ちを考えると突っ込んでも言えないのが印象的にもなってくるものです。それにプライベートでも性格がそのまま出てしまっているのも同時に感じてしまうのではないかと感じるものです。その中でもチームメイト達の行動に関してもかなり見物にもなってくるのですし「宇都宮」「コーチ」と共にどの様な形でレベルアップしていこうとするのかが見物にもなってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

バスケにおいては知らない方でも「恋物語」的な感覚で見て行けるものです。しかし「男性」「女性」のそれぞれの視点において見方にも変化が出てくるのではないかと思うのです。男性としてはもう少しやる気を出そうとするのか問う事にもなるのが感じるものです。それに女性視点としては選手としては「活躍」を願う反面気持ちの面にはかなりもどかしいと思う気持ちになる方もいるものです。それにもしも「恋人」としてなると心配事が多少なりとも多くなってくるのが印象的にもなってくるのが分かるものです。

その他。

選手間でも素直に気持ちを出そうとする代々木の考え方には思わず納得する場面にもなってくるのですがチームの事を考えると納得してしまう所もあるのではないかと感じるものです。バスケにおいても見ていると「チーム」がメインとなってくるとこの廉の考え方にはマイナスにも感じてしまうのがあるのも否めないものです。それに直輝が復活している行程には見てても思わず応援する気持ちにもなってくるのが共感出来るものです。