大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

レディ・ダヴィンチの診断:最終回・結末の感想あらすじ「吉田羊、相武紗季、伊藤蘭出演・志帆の中にある大病が潜んでいるのが分かる」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

大学病院内での新たな視点にもなってくるのが「解析診断部」ですがこの中でもメインになってくるのが「橘医師」でもあるのです。名医と言われていた橘医師でもあるのですが急に手術もしない事に違和感を感じながら診断をしていこうとするのが見入ってしまうのではないかと感じるものです。その周囲で様々な観点から診断に繋がるのはかなり魅力にもなってくるのです。それに解析診断部においても各分野のプロが集まってくるのは見入ってしまう所もあるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

東光大学病院内を再建しようとする院長ですが解析診断部の創設と共に橘医師をスカウトするのです。初めはオペをしない事に拘っている橘医師でもあるのですが話を追う事でかなりシビアな展開にもなりつつあるのはかなり印象的な部分にもなるのです。初めは部長でもある岩倉医師にも悉くたてつこうとするのですが結果的には患者さんの為に行われている事には良いと感じてしまう所もあるのではないかと感じるものです。

思い出深いエピソード

志帆が必ず行き詰ってくると登場するのが娘でもある(真央)でもあるのです。この人物を初めて見るとかなり疑問に感じてしまうのですがカギとなってくる所をずばりと言い当てようとするのはかなり驚きにも感じてしまうものです。ですがその中でもキッチリと理由があるのが納得出来るものです。それに私自身結構感激してしまうのが真央との決別にもなるのです。志帆自身もある程度は理解している中で気持ちの踏ん切りをつけようとする気迫にもなっているのは切ないものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

橘志帆(吉田羊)、新田雪野(相武紗季)、岩倉葉子(伊藤蘭)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

かなり切ない展開にもなってくるのが分かるものです。志帆の中にある大病が潜んでいるのが分かるのです。初めは新田医師に志帆の過去を伝える場面にはかなり深刻にもなってくるのが伝わるのですし決意の部分にもかなり変わろうとするのが伝わるものです。心理面の中でゆったりとした形での語りをしているのは子供を持たない方でも共感出来る部分がかなり多くあるのではないかと感じてしまう所も結構あるのではないかと思うのです。それに志帆が必死にまとめようとした部分が実を結ぼうとした結果が実感しているのも伝わるのです。倒れてからの必死に仲間を助けようとする姿にはかなり感激するのですし、その中でも一つに纏まった診断部で治療に臨もうとするのが印象的にもなってくるのです。

おすすめ。

医療ドラマの中でも医局内での印象が強くなるのです。しかし診断を通じて治療だけでなく患者の心理にも手助けをしようとするのはおすすめにもなるのです。それにバラバラであった解析診断部を志帆の努力を見て行く事で一見無謀にもなりかけてしまった所をまとめるのがお勧めにもなるのです。それに年代がお構いなく幅広く行って行こうとするのが良い感覚にもなってくるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

他の医師が診断出来ない患者に対して解析診断部がそれぞれの独自の視点で差し迫った展開にもなってくるのが見入ってしまうのです。それに研修医が戸惑いながらも真実までに向かって行こうとするのが共感出来るのではないかと思うのです。それに女性の視点において観察するのがかなり関心を持ってみていけるものです。それに診断名を聞いた時には思わず納得したり「えっ!?」と感じながら見て行こうと出来るのも共感出来るのではないかと感じるものです。

その他。

志帆が初めに診断に迫ろうとするのですが周囲から悉く反対意見の連続にもなる事で行き詰ってしまうのです。しかし真央の存在に関しては違和感にも感じながら答えに近くなっていこうとするのが印象残るのです。それに患者の為にいろんな形で探りながら行う事に関しては見てても共感出来る部分もあるのではないかと感じるものです。