読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

救命病棟24時~シーズン5~最終回・結末の感想あらすじ「湊大救命をステージにする事でかなりハラハラするのも共感」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回は医局長として活躍すると思いきや前途多難のステージにもなってくるのです。「湊大救命」をステージにする事でかなりハラハラするのも共感出来るのも分かるものです。進藤医師がいない中での救命に関してどの様に描かれているのも注目出来る内容でもあるものです。センター長においては救命にタッチしていないのも分かるのですが逆に邪魔ばかりしているのがかなりマイナスにもなってくるのが伝わるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

小島医局長として活躍するかと思いきやかなり強者ぞろいの中で進行していくのかがかなり注目するものです。それに今までは救命という観点が強くなってしまうのです。それに小島医師においては夏目医師と話して過去の出来事において医師のキッカケを見つけるものですし、志においてもかなり共感出来るのではないかと感じるものです。一番のカギとなってくるのが「身内の脳死」に関する事では見ててもかなり苦労するのが分かるのですし、家族の言葉においても時として悩んでしまうのも分かるものです。

思い出深いエピソード

最終回付近では感染症に関する事にもなってくるものです。なかなか感染症関連には知る機会が無いのでかなり深刻な事態にもなってくるのが伝わるものです。それに診断においても一度確定してしまうと一途にしてしまうのが印象的にもなってくるのですしなかなか効果が無いと進まないと違ってくる展開にもなってくるのが分かるものです。もしも身内が脳死となった時に自分自身がどの様に対応出来るのかがかなり考えさせる事にもなるのが分かるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

小島楓(松島奈々子)、夏目医師(時任三郎)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

感染対策として一時的に隔離された救命でもあるのです。その中でスタッフが感染した事でそこから人間の本性をかなり見えるのがかなり深刻にも感じるものです。ピンチになってくるほど何を大切にしなければいけないのかが実感として沸くものです。それに「救命」「臓器移植」の関連においては現場での苦労や悩みにおいてもそれぞれの立場になっても悩んでしまうのが伝わろうとするのです。それに研修医として来ていた「猿渡」においても救命内を盛り上げようとする気持ちにもならではのやり方で面白く感じるものです。医療においては何が正解なのかそれぞれの見方でいいのではないかと感じるものです。

おすすめ。

曲者ぞろいの救命でもあるのですがその中でも小島医師の独特な考えを持ってしまうのが伝わるのです。必死に上手く生かそうとしようとする気持ちとは裏腹に上手く行かないもどかしさにも共感出来るものです。しかしその中でも苦労の連続になってしまうのが分かるのですし心理面においてもなかなか辛いと思うのも分かるものです。それに院長と師長のやり取りにおいては昔と今を振り返りながら話をしているのは何とも言えない感覚にもなってくるのが分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

今までの救命シリーズにおいては「患者を助ける」という観点が強くなってしまうのですが今回のシリーズには小島医師の内面を当てる事で一層の考え方にも共感が広がってくるのではないかと感じるものです。それに「医師」「身内」の両方の苦しみにもどの様に立ち向かって行こうとするか関心を持って見て行けるものです。医療ドラマにおいてはどこにスポットを当ててみて行こうとするのかがかなり賛否両論があるのも分かるものです。

その他。

初め広瀬医師は業務を熟す事ばかりに目が行きやすい展開にも感じてしまうものです。しかし話の中で感染してしまったスタッフの為にいろいろと錯綜するのです。必死に家族に説得している姿はカッコいいと感じるばかりにもなってくるものですし、スタッフが一致団結しようとする姿には理想な形にもなってくるのが伝わるものです。最終的には劇的な回復を見せるのも感激してしまうのも共感出来るものです。