読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

救命病棟24時~シーズン3~最終回・結末の感想あらすじ「首都直下型地震は「30年後」とあるが…被災しても諦めない事を貫こうとすれば光を」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

首都圏での直下型地震を目の前にした時に何が大切にしなければいけないかがかなり考えさせる事にもなるものです。それに被災してからのそれぞれの心理面での変化をどの様に描かれているのも実感出来るのではないかと思うのです。個人では出来ない事でも全体で何が出来るのかを考えさせる事にもなってくるのです。それに登場人物にある進藤医師や小島医師の気持ちの変化にもかなり注目しながら見れるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

あらすじでは首都直下型地震は「30年後」とあるがいざ実際に目の前でいろんな事があるとかなり錯乱してしまうものですがそれに震災が発生してから何がカギとなってくるのかが見応え感があるものです。それに久しぶりに出会った進藤先生と小島先生とのコンビネーションにも注目しながら見ていけるものです。震災の中でも「命」の向き合い方にもかなりシビアな考え方にもなってくるのです。

思い出深いエピソード

小島医師の恋人である裕樹が重症を負ってしまうのです。一度は救急搬送されたのですが必死に楓の元に行こうとする姿は切ないものです。それに一度は復活出来たはずでもあるのですが病気の怖さを目の前にした時の恐怖感には想像を絶するのも分かるものです。それにボランティア活動として参加している河野弟がこの震災を通じて劇的に変化が出ているのはかなり実感として感じているのもかなり注目するものです。やはり何かがあると変化が出てしまうのもかなり納得出来るのではないかと思うのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

進藤一生(江口洋介)、小島楓(松嶋菜々子)、河野弟(小栗旬)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

被災しても諦めない事を貫こうとすれば光を導かせる事にもなってくるのではないかと感じるものです。それに一つずつの役割を熟して行ければ希望が見れるのも分かるものです。一歩ずつ歩む事の大切さをしみじみと実感してしまうのも分かるのではないかと感じるものです。これからの生活においてもどの様な形に取り込んで行ければ良いのか考えさせる事にもなってくるものです。震災医療のスポットを当てるとなかなか理解出来るまでには時間を要する事ばかりの連続にもなってくるものですが見方一つでかなり変化が出てきやすいのも分かるものです。

おすすめ。

震災があるとその場では目の前の事をしなければいけないと感じてしまいがちでもあるのですがそれ以上に何を重点にしなければいけないのかがカギにもなるものです。それに医療スタッフにおいても人間であるので気持ちの面においてもかなり分かるのではないかと感じるものです。それに一人が頑張るのではなく全体で乗り切らなければならない事の重要性を認識するものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

このドラマを見ていると震災の事をなかなかその時には考えるものですが逆に時間の経過と共に震災の事は風化されやすいものです。その中でも「もしも」と考えた時に何が出来るのか考える事にもなってくるものです。医療スタッフもその場で何をカギにしていかなければならないかを学ばせる事にもなってくるものです。それにボランティア活動に関しても何が出来るのか考えていかなければならない中でかなりシビアにも感じながら甘いと迷惑にもなってしまうのも実感しまうものです。やはり震災となると考え方一つで展開にもかなり変わってしまうのも十分に伝わるのではないかと感じるものです。

その他。

研修医として一生懸命になっている河野医師でもあるのですがふと気が抜けてしまう場面になってしまう事にはかなり唖然としやすいものです。しかし「燃え尽き症候群」にもなってしまうのではないかと感じてしまうのも見てて実感してしまうのも分かるものです。進藤医師においては最後まで冷静に関わろうとするのも見てて憧れにも近い感覚になってしまうのも分かるものです。