大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

救命病棟24時~シーズン2~最終回・結末の感想あらすじ「江口洋介、伊藤英明、伊藤いっせい出演・集団感染した状況で何が優先するべきなのかが」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

序盤ではいきなり救急搬送する場面から始まろうとするのです。進藤医師自身初めは救命医として勤務しているのではない所でもあるのですが搬送した患者を助ける事で勤務する事にもなったのはかなり驚くばかりにもなってくるのです。進藤医師自身が中心としてなっているのは見所満載にもなってくるものです。そこからどの様な形でシリーズを通じてどの様になるか見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

港北大学病院で救命で働いているメンバーでもあるのですがいきなり搬送する場面から始まるのです。進藤医師がヘリ内で的確に処置するのは流石と言えると共に数少ない中で道具でやっているのが印象的にもなってくるのです。進藤医師は患者を助けた事で安堵している中で勤務する様に医局長から声を掛けてもらうのですが戸惑っている中で患者を助ける事を言われる事で決断するのは医師として決断出来るのは凄いと感じるものです。ようやく参加する事にもなるのです。救命が存続にもなりかけようとした中で研修医の矢部が一番の大切なカギを握っているのも感じるものです。それに他の医師達においても救命の中でも何が大切になってくるのが見物にもなってくるのです。

思い出深いエピソード

小田切医局長の苦労においては計り知れないものです。上手くまとめる事は印象も伝わるのですがきちんと自分自身を大切にしなければいけないのではないかと感じるものです。やはり当事者が失ってからのいろいろな方々の脳裏に巡ってからの展開にはかなり切ないものです。しかし一生懸命にするあまり体調にも無理にしてしまうのは時として考えてしまうのです。無理をする事で己の身に降りかかるのは切ないものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

進藤一生(江口洋介)、矢部医師(伊藤英明)、小田切薫(伊藤いっせい)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

集団感染した状況で何が優先するべきなのかがハッキリと分かるのです。縦割り社会の中で鶴の一声で状況がかなり変わってしまうのが印象にも残るものです。医師同士のいがみ合いになってくると看護師においてもどちらとも言えない感覚になるのも見ててかなり分かるものですし、診療科目毎のいがみ合いが一気に変わろうとするのですが教授自身で変わろうとするのも見物になるのです。教授自身が現場で治療に関わろうとするのも良いのではないかと感じるものです。

おすすめ。

第一外科から来た香坂医師ですが初めは嫌々救命にも来るのですが回数を重ねる事で考え方にもかなり変わろうとするのが印象的でもあるのです。初めは進藤医師から怒られながらですが次第に戦力になろうとするのが伝わるのです。嫌であった救命である香坂医師でもあるのですが最終的には戦力としてなっているのも印象的でもあるのです。それに進藤医師が熱い医師であるだけでなくとも結構世話焼きにもなってくるのが意外な感覚にもなってくると共に良い感覚にもなるのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

救命センター内ではかなりシビアな展開にもなってくるのです。小田切医局長が四苦八苦する気持ちになってしまうのがかなり共感出来るのではないかと思うのです。それに必死に救命センターを守ろうとするのが印象的にもなるのです。進藤医師においては一生懸命に「救命」として考えているのですが患者の事を一途に考え込んで関わろうとするのですが時間の経過と共に理解が広がろうとするのもかなり納得してしまうものです。

その他。

小田切医局長が脳死となった場面についてはかなり切ないものです。やはり直属の上司が倒れてしまうと現場内にもかなり重苦しい雰囲気が漂うものですが救命の宿命と言えるのが「コール」と感じるものです。ですが患者を助けようとする気持ちになる事や切り替えしなければいけない事の大切さを身に染みる事にもなってくるものです。それに病院となっている以上は気持ちの切り替えを重要にしなければいけないのも分かるのです。