読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ドクターX 外科医・大門未知子~シーズン3~最終回・結末の感想あらすじ「国立病院や大学病院などは縦社会である事がかなり露呈」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回のステージは「国立高度医療センター」でメインとなってくるものです。この中でも未知子はバカンスで遊んでいた中でも患者となってくるとキッチリと仕事を熟そうとする姿にはかなり感激してしまうものです。展開に応じてキッチリと切り分けてしまっているのが「職人」という感覚にもなってくるものです。それに巨大な仕組みにもなる中で未知子にもどの様な形での影響を齎すのかがかなり見物にもなってくるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

初めは南島でバカンスに来ていた未知子でもあるのですがその中で意外な人物との再会を果たすのです。その中でもキッチリと覇権争いにもなっている最中でもマイペースを貫こうとするのも注目するのです。それに看護師においても「大奥」と言われる集団にもなっている中で未知子にもどの様に関わろうとするのかがかなり印象的にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

終盤付近ではかなりシリアスな展開にもなってくるものです。より重篤な患者が病院に登場するのです。部長などは情報が来た事で一生懸命に未知子を説得しようとするのです。しかしいつもなら「いたします」というのが断固拒否しているのがかなり印象的な内容にもなってくるものです。未知子が頑なに拒んでいた理由が分かる様な感覚にもなってくるものです。昌さんは一生懸命に説得しようとするのですがやはり未知子の気持ちを考えるとかなり共感出来るのではないかと感じるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

大門未知子(米倉涼子)、神原昌(岸辺一徳)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

国立病院や大学病院などは縦社会である事がかなり露呈に出てしまう内容にもなってくるものです。しかし未知子に関してはマイペースを貫こうとする姿にはかなり共感出来る場面にもなってくるのが伝わるものです。それにこのシリーズに関しては医療者がいかに強いと印象を受けてしまうのですが逆に本当に必要なのはどこであるのかが疑問にも感じてしまうのもかなりわかるものです。それに最終回ではより身近な人を助けようとする気持ちになってくるのがかなり印象的にもなってくるものです。

おすすめ。

総長は「日本初症例」という観点ばかりが目に行きやすいものです。本来であれば助けなければいけない所を利益の事ばかりが目に行ってしまうのでかなり何とも言えない感覚にもなってくるのが伝わるものです。総長は「野望」の為にいろいろと考えようとするのですが果たして議員の野望に飲み込まれる事が無く出来るのか注目するものです。医者としての何が大切にしなければいけないのかがかなり共感出来るものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

このシリーズにおいては昌さん自身も倒れてしまうことが印象的な部分もあるものです。決して手術をさせない昌さんでもあるのですが最後までキッチリと未知子は治療をする事を考えているのですがさせようとしないやり方にはかなり怒ってしまう未知子にも共感出来るものです。それに未知子が言っていた手術をする事で「助かる」と印象的ば部分もあるのですが今回は柵が結構見えるのでやりにくい部分もあるのが分かるものです。ですがその中でも未知子は気持ちの面においてもぶれない所が医師として強いと素直に伝わるものです。

その他。

総長に就任した天童でもあるのです。初めに見た時には昌さんの請求金額にもすんなりと支払いするのは意外な感覚にもなってくるものです。それに天童総長が言い出した無理難題の連続オペにもなってくると思いきやそれに見合った報酬を直ぐに払ってしまうのがかなり唖然としてしまう所も印象的にもあるものです。それに「日本産業医療機構」が出来るかと思っていた中で最後には逆に裏切られてしまうのは当事者でなくともどこか可哀想にもなってくるのですが逆に医師として邁進しようと振り返る事にもなるのが伝わるものです。