大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ドクターX 外科医・大門未知子~シーズン1~最終回・結末の感想あらすじ「米倉涼子、岸辺一徳出演「私、失敗しないので」と決め台詞を言うのですが」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

「私、失敗しないので」と決め台詞を言うのですがこの意味については話を進むにつれて納得してしまうのもそれぞれの観点があって共感出来る部分も多くあるものです。医療を知ってても知らなくても何をするんだろう?と思わず感じながら見ていけるのではないかと思うのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

大学病院での勤務医の現状を語られているのです。その中でも医局内を一新しようとしているのもかなり共感出来るのではないかと思います。ですが実際に変わろうとするのはなかなか難しいと感じながらも敢えて美知子自身はスタンスを崩さずに一途に患者の治療を考えている事を貫いているのも見てて凄いと思いました。医師でもなかなかここまで邁進出来るのはそんなにいないのではないかと感じるばかりでもあるものです。

思い出深いエピソード

大学病院内となれば「教授」が絡んでくるのです。やはり上層部は保身の為にしか考えてない中でいかに身を守ろうとするのですが敢えて患者の治療しか考えていない未知子の切り口には斬新にも感じるばかりでもあるものです。外科医としてスポットを当ててはあるのですがここからは考え方一つで見方にも変化を伴う事にもなってくるのでかなり納得してしまうものです。やはりドラマを見ていると「手術」がメインとなってくるのですがそれだけでなくとも患者の事を一番に大切に思っているのが印象的でもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

大門未知子(米倉涼子)、神原昌(岸辺一徳)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

回数を追う事で医師団の中でも考え方が多少なりとも変わりかけようとするのですが最後まで貫こうとする美知子のやり方には医師としての基本的な部分もかなり共感出来るのもあるのではないかと感じるものです。医師は名声を高めようとするのは悪い事ではないものですが逆に患者の事をメインにする事を十分に理解出来るのではないかと感じるものです。この作品においてはかなり気持ちが入り組んでしまう展開にもなってくるのがかなり共感出来る所もかなり多くあるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

昌さんが要所で美知子にアドバイスをするのは流石「名医」と感じるものです。それに昌さんのアドバイスがあるからこそ美知子の最大限発揮しているのも分かるものですし、啖呵を切っていろいろな事や発想を最大限発揮出来るのはスーパードクターとも言えるのも分かるものです。それに城之内医師とは手術を通じていろんな考え方にも賛同が出来るのもかなり見てて共感出来るものですしこのタッグが出来るのであればかなり大掛かりでも決める事が出来るのではないかと思うものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

初めにこの作品を見た時には「えっ!?」と感じるばかりにもなります。一見初めて見るとこの人物が「医者!?」と思うのですが的確な診断をしながらも治療の事ばかりを考えているのは凄いと思うばかりにもなってくるものです。それに美知子の周囲にいる人物達も医師であるのが最初の頃は分からないのですがある場面で診断をしようとする場面では一気にそれぞれの考え方を出そうとするのはなかなかいないのではないかと感じるものです。

その他。

ドラマにおいてはかなり意外な感覚にもなるのが結構あるものです。最初の頃は見てても「この医師が?」と思うのですがその中でもいち早く診断して誰よりも患者の事を一番に考えて寄り添っているのもかなり共感出来るのではないかと感じるものです。基本的には医師もプライベートを大切にするのも分かるのですが緊急事態においては医師もいち早く駆け付けようとする気持ちがあってもいいのではないかと感じながらその中でも美知子のスタンスを認めようとするのはなかなか時間を要するものですし縦社会でもある病院内では外科医としての役割にも美知子の役割にはかなり納得出来るのではないかと思うのです。