読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ごくせん~2008~最終回・結末の感想あらすじ「風間(三浦春馬)、緒方大和、熊井(脇知弘)出演、赤胴高校での学校生活を描く」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

ドラマ最終回感想 雑記 テレビ感想

一言感想

赤胴高校での学校生活を描く事にもなってくるものです。その中でも「3-D」の不良グループ達とヤンクミがどの様に描かれているのかがかなり見物にもなってくるものです。理事長に関しても理想論が高すぎてしまうのも印象的でもありますし、猿渡先生においても「教科書通り」にしか感じれないのも同様にもあるのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

ムカチャッパ高校で勤務していたヤンクミでもあるのですが上手くいかないものです。そんな中で教頭の「猿渡」がヤンクミを頼って来るのですがここからのワクワクが伝わるのも納得出来るものです。不思議と「個」から集団になって行く過程が伝わるものです。終盤では父兄による怒号が響く中でキッチリとヤンクミが魂の説得を見せる場面には生徒でなくとも共感出来る場面もあるものです。

思い出深いエピソード

世間では不良に対してのイメージがかなり偏ってしまっているのが印象的でもあるのです。ですがその中でもヤンクミの説得力に関してはかなり感激してしまうのも分かるものです。喧嘩はついてくるのですがその中でも

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

山口久美子(仲間由紀恵)、風間(三浦春馬)、緒方大和、熊井(脇知弘)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

波乱ばかりが目立つ内容にもなってくるのですがバラバラであった生徒達でもあるのですがその中でもヤンクミの熱が籠った言い方にもよって胸を打たせてしまうのが分かるものです。最終話では風間が瀕死の重傷を負う場面があるのですがその中でもヤンクミが今までになく必死に説得しているのはかなり伝わるものです。

おすすめ。

不良と呼ばれる生徒達が一致団結している中でヤンクミが登場するのです。初めはヤンクミの事を毛嫌いしていた生徒達も場数を通じて打ち解けていこうとするのも分かるものです。頑なになっていた生徒の心も開こうとするのが分かるものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

高校生活においてはなかなか色濃くなっているのが印象にも残るものです。それにヤンクミみたいな一生懸命に生徒と向き合ってくれる先生がいるからこそ少しづつ変わろうとするのも納得出来るものです。バラついてた所が逆に変わるのも納得してしまうものです。

その他。

大和、風間において初めには対立していた展開にもなってくるものでしたが一歩ずつ歩んで行こうとする事や「友達」としての大切さを実感させられる事にもなってくるものです。「暴力」においては悲しみを生むものですがその中でも「命」の尊さが感激するものです。卒業生においてもヤンクミの必死に伝えるのは振り返る事にもなってくるのが分かるものです。