読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ごくせん~2005~最終回・結末の感想あらすじ「矢吹隼人(赤西仁)、小田切竜(亀梨和也)他出演、卒業までこぎつける事にもなったヤンクミでもあるのです」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

今回のステージにおいては「黒銀学園」での勤務する事にもなってくるものです。しかしヤンクミのカラーにおいてはどこの場所においても輝くのが印象的にもなってくるものです。それに生徒との関わり方に関してもかなり注目しながら見て行けるものです。

内容紹介や簡単なあらすじ

白金学園を退職したヤンクミは幼稚園教諭で勤務していたのです。その時に関わった猿渡教頭が派遣を考えていたのですがその行程にはかなり面白く見れるものです。初めは告知された教諭と全然違った事に違和感を感じるのですがそれとは逆に一途に向かって行こうとするのは見物にもなってくるものです。

思い出深いエピソード

卒業が掛かったシーンにもなってくるものです。やはりヤンクミにおいては全員揃って卒業と気持ちが高まってくるのですが生徒達においてはヤンクミに「恩義」を感じている事で「退学」を言い出すのです。しかし本当の気持ちをヤンクミに伝えようとする場面にはかなり感慨深いものです。しかしヤンクミにおいては己自身の本音が感激してしまうのです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

山口久美子(仲間由紀恵)、矢吹隼人(赤西仁)、小田切竜(亀梨和也)、黒田龍一郎(宇津井健)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

やっとの思いで卒業までこぎつける事にもなったヤンクミでもあるのです。生徒においてはヤンクミの想いに答えたい気持ちにもなってくるのですが真相において聞かされた場面においてはかなり感激してしまうものです。なかなかここまで生徒メインにも考えてくれる先生には巡り会う事が出来ないのではないかと感じるものです。

おすすめ。

今回のシリーズにおいては期間が短い中での作品にもなってくるものです。カラーが濃い感覚にもなってくる中で何が大切になってくるか見物にもなってくるのです。それにカギとなってくるのがどの様に見つけて行けるのかが注目してしまうものです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

白金学園とはまた違った内容にも思えるのです。それにヤンクミにおいては違った職場においても心意気には変わらないのが注目してしまうのです。不良となると見方にもかなり変化しやすいものですが敢えて一途に邁進しているのはかなり共感出来るのではないかと感じるものです。

その他。

ドラマ内では「不良」がメインにもなってくるのです。世間ではマイナスのイメージが強く出てしまう内容にもなってくるのですがその中でもヤンクミにおいては生徒一人をキッチリと向き合っていけるのかがかなり共感出来るのではないかと思うのです。初めは敵対心がむき出しになっていたのですが次第に変わろうとする心意気にも見物でもあるのです。