大学院卒ニート、しやわせになりたい。

働かないで、アフィリエイトとか、ユーチューバーで幸せになりたいです。

ごくせん~2004~最終回・結末の感想あらすじ「卒業したいというヤンクミ(仲間由紀恵)の思いが生徒にもかなり浸透しつつある」(ネタバレ注意)【寄稿:テレビドラマ感想】

一言感想

白金学園に勤務する事になったヤンクミでもあるのです。しかし実家でもある(大江戸一家)の事をひた隠しにしながら勤務する姿にはかなり気になるのですしそれに「落ちこぼれ」と言われていた生徒達にどの様な形で教育していくのか注目するのも分かるのです。

内容紹介や簡単なあらすじ

「落ちこぼれ」と言われているクラスを受け持つ事にもなったヤンクミでもあるのです。要所要所で言葉使いにもかなりひやひやとしてしまうものですが意気込みがあるからこそ生徒達にもかなり変化が伴おうとするのが見えるものです。

思い出深いエピソード

ヤンクミの想いについてはなかなか理解するまで前途多難にも感じてしまう所も結構あるのではないかと感じるものです。しかし修羅場を経験してからこそ共感出来るのですし見てても思わず納得出来る所も多々あるものです。思い出深いエピソードについては全話ともあるので一概にも言えないのが現状でもあるものです。

好きだった演出者や登場人物、キャラクター

山口久美子(仲間由紀恵)、沢田慎(松本潤)、熊井(脇知弘)

最終回を見ての感想、終わって感じたこと

全員が揃って卒業したいというヤンクミの思いが生徒にもかなり浸透しつつあるのです。一生懸命に関わろうとする意味が生徒達にも伝わるのも共感出来るのではないかと感じるものです。それに最後には生徒の晴れ晴れとした表情を見せるのがかなりヤンクミの気持ちにも共感出来るのではないかと感じるものです。

おすすめ。

行き詰った時には必ずと言っても良い程アドバイスを出してくれるのは「黒田竜一郎」が優しく語り掛けるのが印象的にもなってくるものです。それに一般的な教師からは「落ちこぼれ」と烙印を押されてしまうのですがそこで敢えて一途に向かう事にもなってくるのが印象的でもあるのです。

ドラマを見ていた当時の思い出など

高校生については時代によって様々な観点から見れる内容にもなってくるものです。それに素直になれない部分も共感出来るものですしヤンクミ自身の気持ちになってくると生徒達にも一生懸命に関わろうとする気持ちも納得出来るものです。それに生徒の視点になってくると何か変わろうとする気持ちになろうとするのがどことなく理解出来る所もあるのです。

その他。

喧嘩がメインにもなってくる所でもあるのです。しかしマイナスの観点にもなりがちですがその中でも何が大切をしなければならないのかが分かるような気持ちにもなるのが分かるのです。それに大江戸一家のメンツにおいても「テツ」「ミノル」の両名が息のあったコンビネーションを見せつけるのもこの作品においては欠かす事が出来ないものですしヤンクミ自身の恋物語にも見ててどこか愉快な感覚にもなってくるのがとても分かる所もあるのです。